2017年11月13日月曜日

K・F 氏へ:私の論文集第 1 巻 (To K. F.: My Collected Works Volume 1)

[The main text of this post is in Japanese only.]


堺市八田荘公園の秋色。2017 年 11 月 10 日撮影。
Autumnal scenery of Hattasō Park, Sakai, taken on November 10, 2017.

K・F 氏へ:私の論文集第1巻

2017 年 11 月 5 日

K・F 様

 先日の電話では、先のメールに書き忘れた ResearchGate (RG) の最近の問題についてお話ししたいと思い、ややこしいことを述べて、失礼しました。文にまとめると以下のようなことです。

 先般、私がこれまで RG サイトに置いてきた post-print(大抵の出版社がインターネット上での掲載を許可している、発表論文の最終デジタル原稿。われわれが論文を投稿した時代は、ほとんどデジタル投稿ではなかったので、別刷りをスキャンして、逆にデジタル原稿を作っています)のうち、Elsevier に著作権のあるもの(かつての North Holland、Pergamon、Academic Press などが Elsevier に吸収され、私の論文の大部分の著作権は Elsevier にあることになりました)が全て非公開の private file(掲載者自身しか見ることができない形)に変更されていました。

 不思議に思っていたところ、間もなく Nature 誌のオンラインニュースで、Elsevier が RG 社を著作権侵害で訴える準備をしているということを知りました。RG サイトには、Elsevier を始めほとんどの出版社が掲載を禁じている published version をそのまま載せている人たちが極めて多かったからと思われます(現今の digital reprint を使えば、published version の掲載には手間が全くかかりません)。

 私が置いている post-print は、公開しても大丈夫なはずなので、private file から公開の形に自分でいったん戻しましたが、考えてみると、コメントなどを付けている点で、post-print の掲載規定には反しています。そこで、それらをまた private file に戻しました。しかし、private file のままにしておくことや、コメントを消去してしまうことは惜しいので、この際、コメントを付けた体裁での掲載が可能な、自分のデジタル論文集にまとめようと思い立ちました(post-print の掲載さえも許可していない雑誌もあるので、いずれそういうものを作るつもりでした)。

 以上のような次第で、まず、修士課程時代の論文 5 編を第 1 巻としてまとめましたので、添付します。論文 1、2、4 に付けたやや長めの「歴史的」コメントは、貴殿にもご興味があろうかと思います。ご笑覧いただければ幸いです。

 余談ですが、今年のノーベル文学賞を得た Kazuo Ishiguro の "The Remains of the Day" を中学時代からの友人が原書で読むといってきたので、私も負けずにと思って注文していたのが、昨日届きました(注文時点では品切れでした)。到着したペーパーバックの表紙には、"Winner of the Nobel Prize in Literature" と、ちゃっかり印刷されています。読みやい英文です。

 T・T


 引用時の注:ここに掲載するに当たって、若干の修正をした。なお、私の論文集第 1 巻はこちらからダウンロード出来る。
 Kazuo Ishiguro のことだが、私は以前からその名を知っていたので、彼のノーベル賞受賞が発表された時、かつてテキスト(概ねペンギン社のペーパーバック)を買うまでして熱心に聞いていた NHK のラジオ番組『原書で読む世界の文学』で、彼の作品が取り上げられたことがあったのだったかと思った。そこで、本棚をあちらこちら探してみた(それらのテキストはパソコン上の蔵書リストに入れてないが、まだ処分もしていない)。しかし、彼の本は見つからなかった。思い当たるのは、オンラインのニューヨーク・タイムズの書評を時々読んでいるので、彼のどの本かの書評が載った時に、日本名の作家が取り上げられた珍しさで、その書評を詳しく読んだのではなかったか、ということである。

2017年10月29日日曜日

K・F 氏へ:最近の読書のことなど (To Mr. K. F.: About My Recent Reading etc.)

[The main text of this post is in Japanese only.]


最近読んだ本(詳しくは本文参照)。
Books I read in the past year. (As for "The Strangest Man", I read the last pages, which I had left unread since seven years ago. As for "It Must Be Beautiful", I'm still continuing to read it.)

K・F 様

 お手紙と京都科学カフェの興味深いレジュメ「真空の相転移—超高温・高密度の世界で起こること—」をお送りいただき、ありがとうございました。

 私は相変わらず、物理系の科学啓蒙書の類を英書で読んでいます。この 1 年ほどの間に読んだ本は次の通りです。
  • Neil Turok, "The Universe Within: From Quantum to Cosmos"
  • Pedro G. Ferreira, "The Perfect Theory: A Century of Geniuses and the Battle over General Relativity"
  • Graham Farmelo, "The Strangest Man: The Hidden Life of Paul Dirac, Quantum Genius"(何年も前に途中まで読んであったものの続きを読みました)
  • Carlo Rovelli, "Reality Is Not What It Seems: The Journey to Quantum Gravity"
  • Lee Smolin, "Time Reborn: From the Crisis in Physics to the Future of the Universe"
  • Michio Kaku, "Physics of the Impossible: A Scientific Exploration into the World of Phasers, Force Fields, Teleportation, and Time Travel"
  • Graham Farmelo, ed. "It Must Be Beautiful: Great Equations of Modern Science"(続読中)
ご興味のある本があればお送りします。(アマゾンで書名を検索すると、専門家や読者たちの批評をご覧になれます。)

 貴殿は思い立って力学を勉強していらっしゃるとのことですが、私も 2、3 年前に Leonard Susskind and George Harbovsky, "The Theoretical Minimum: What You Need to Know to Start Doing Physics" という本で、力学を少し学びました。100 ページ目ぐらいに Lagrangian が出てくる、モダンで読みやすい本です。しかし、誤植等が結構多くあることに気づいたからだったでしょうか、本文全 211 ページのうちの、141 ページで中断したままです(数式の正誤表はインターネット上に掲載されていますが、言語表現の間違いについての修正は載っていないようです)。

 4 月初めに東京で高校同期関東在住者会があり、上京したついでに、宿泊した学士会館へ M・Y 君と A・M 君に来て貰い、歓談しました。A・M 君は『荒勝文策と原子核研究の夜明け』(仮題)という本を執筆中ということです。M・Y 君はいまも、私のブログへの感想をメールで送り続けてくれています(最近は新しい記事を書く頻度が全く減ったのですが)。

 [...省略(私の白内障手術に関する記述)...]ウォーキングは 5000 ないし 6000 歩程度、天気のよい日にだけ続けています。

 さる 19 日から明 24 日まで、美交会展が北野田の堺市立東文化会館で開催されており、水彩画を 1 点だけ出品しています。ブログにそのイメージを掲載しましたので、次のURLでご覧頂ければ幸いです。
  https://ideaisaac2.blogspot.jp/2017/09/my-watercolor-jizo-dake-mt-hoo.html

 不順な気候のもと、くれぐれもご自愛下さい。

 T・T


 引用時の注:K・F 氏は大学院の 1 年後輩で、元職場の同僚でもあるが、年齢は私より 3 歳ほど上である。氏からの手紙は郵便で届き、この返信はメールで 2017 年 10 月 23 日に送った。引用に当たって、若干の補足・修正をしたところがある。

2017年10月18日水曜日

ショウキズイセン (Golden Spider Lily)

[The main text of this post is in Japanese only.]


わが家の植木鉢に咲いたショウキズイセン。2017 年 10 月 11 日撮影。
Flowers of olden spider lily in the flower pot of my house; taken on October 11, 2017.

 先日、植木鉢にヒガンバナ状の黄色い花が、葉を伴わない何本もの茎からたくさん咲いているのに気づいた。そういう植物を植えてあったことを全く忘れていた。園芸用のノートを取り出してみると、「ショウキズイセン(別名・黄色リコリス、ヒガンバナ科)」というものの球根を一昨年夏頃に植えたことが分かった。パソコン上の写真をたどってみると、その年の 10 月 1 日に茎が 1 本だけ伸びて花を咲かせている写真があるが、昨年は咲かなかったのか、撮っていない。

2017年10月8日日曜日

奈良への日帰りバス旅行 -3- (One-Day Bus Trip to Nara -3-)

[The main text of this post is in Japanese only.]


奈良豆比古神社。
Naratsuhiko-jinja Shrine.


奈良豆比古神社のクスノキの巨樹(奈良県指定天然記念物)。
Giant camphor tree of Naratsuhiko-jinja Shrine (a Natural Monument designated by Nara Prefecture).


旧奈良少年刑務所正門。
The main gate of former Nara Juvenile Prison.


旧奈良少年刑務所本館。
Main building of former Nara Juvenile Prison.

 般若寺の見学後、30 名の一行は 3 班に分かれ、それぞれ一人のボランティアガイドの案内で「奈良きたまち」の散策に赴く。まず、奈良豆比古神社(ならづひこじんじゃ)を訪れた(1 枚目の写真)。ここは、光仁天皇の父・施基皇子(志貴皇子)を祀る古社で、10 月 8 日に奉納される伝統芸能・翁舞が有名であることから歌舞音曲の司神とされている。ちょうど翁舞の奉納を 4 日後に控えて、境内ではその舞台の準備が始められていた。本殿裏に自生するクスノキ(樹齢 1000 年余、樹高約 30 m)は、奈良県の天然記念物に指定されている(2 枚目の写真)。

 ほかに、次の箇所も見て歩いた。鹿せんべいの製造元・武田商店、明治 16 年創業の植村牧場、2020 年をめどにホテル等の複合施設を開業する計画という奈良少年刑務所跡(3、4 枚目の写真)、鎌倉時代に造られたハンセン病などの重病者を保護・救済した福祉施設・北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)、歌人・会津八一が「ならざかの いしのほとけの おとがひに こさめながるる はるはきにけり」と詠っている夕日地蔵。

 天候に恵まれたよい旅で、バスが天王寺へ帰着したのは午後 4 時 15 分頃という早い時間だった。帰宅すると、歩数計は 1 万 2 千歩を示していた。(完)

2017年10月7日土曜日

奈良への日帰りバス旅行 -2- (One-Day Bus Trip to Nara -2-)

[The main text of this post is in Japanese only.]


般若寺境内のコスモスの花と本堂。
Cosmos flowers and main hall of Hannya-ji temple.


般若寺境内のコスモスの花と観音石仏。
Cosmos flowers and stone Buddhist image in the precincts of Hannya-ji.


般若寺の十三重石塔(重要文化財)。
Thirteen-storey pagoda (Important Cultural Property) of Hannya-ji.


般若寺の楼門(国宝)。
Two-story gate (National Treasure) of Hannya-ji.

 バスの一行は、奈良市中心部の「ホテルアジール・奈良」で「奈良のちゃんこ・はっけよい鍋御膳」の」昼食をとり、午後、奈良市北東部にある般若寺を訪れる。ここは、コスモス寺の名で知られ、コスモスの花がちょうど美しく咲いていた(1、2 枚目の写真)。

 1 枚目の写真の奥に見える本堂は、戦国時代に旧金堂が焼けたあと、寛文 7 年(1667 年)に再建されたもので、奈良県指定文化財である。本堂の南正面には、鎌倉時代の建長 5 年(1253年)頃に造られた、高さ 12.6 メートルの十三重石塔が、日本の代表的な石塔の一つとして存在する(重要文化財指定、3 枚目の写真)。

 入母屋造・本瓦葺きの楼門(2 階建て門、4 枚目の写真)も、鎌倉時代(13 世紀後半)に建立された、楼門遺構として日本最古の作例で、国宝になっている。境内のあちらこちらや楼門の下には、水彩でスケッチをしているグループが散らばっていた。(つづく)