2020年1月18日土曜日

水滴の「ぽちゃん」(What Makes a Dripping Faucet Go ‘Plink’)

[The main text of this post is in Japanese only.]


チコちゃん(❤AYA❤️さん作成、GMO Media 提供のフリー画像)。
Chiko (free image created by ❤AYA❤️ and provided by GMO Media).

 2020 年 1 月 18日(土)午前 8:15~午前 9:00 の NHK 総合テレビ番組『チコちゃんに叱られる!』を見た。出題の中に、「水滴の "ぽちゃん" ってなんの音?」というのがあった。物理学を専攻した私は、なんとか正解を当てたいと思い、水滴が水面に達した時の接触音と跳ね上がった水滴が再度落ちた時の音とか、水の粒だけでは音が出なくて、空気を含んだ気泡が出来てそれが空中で弾ける音が関わっているだろうとか、考えてみた。しかし、チコちゃんの解答は「100 年間、世界中の科学者の間でずっと謎だったけど、"ぽちゃん" でなく、"ぽ" と "ちゃん" であることが、ついこの間やっとわかった」であり、科学者たちがごく最近突き止めたばかりの研究が紹介された。その研究の一つの動画付きニュースが文献 1 にある。

 文献 1 に紹介されている研究は、ケンブリッジ大学の工学者、アヌラグ・アガルワル氏らの研究チームが学術誌に発表したものである[文献 2]。「ぽちゃん」という音は、水滴が水面に衝突したときの音ではなく、衝突からわずか数ミリ秒後、水滴によって水面にくぼみができ、くぼみが反動で元に戻ろうとするとき、水面下に小さな気泡が生じ、この気泡こそがぽちゃんという音を発生させる元だったということである。気泡は毎秒5000回振動しており、この振動がさらに水面を震わせて、あの音が出るという。

 しかし、この研究報告の動画には音がついていない。そこで、『チコちゃん』の番組スタッフは、この研究を追試している日本の研究者たちを訪れた。それは筑波大学大学院システム情報工学研究科の京藤敏達教授らのチームである。彼らの測定では、水面下に小さな気泡ができた時の、「ぽっ」と音がする波形が記録された。続いて、水面上に立ち上がった水柱が少し遅れて「ぴっ」と小さい音を出すこともわかった。これでは、まだ「ぽちゃん」の解明にはならない。なお研究が必要だという。

 ここでテレビ放映では、「それの答えが何の役に立つねん」という声が出た。これに対する京藤教授の答えがすばらしい。「今役立つことは、将来役立たないが、今役立たないものは、将来役に立つ。」研究予算配分にあずかる役人や政治家によく味わってもらいたい言葉である。

 ところで、文献 1 の元の英文記事[文献 3]や文献 2 では、「ぽちゃん」は "plink" である。このオノマトペ式の英単語では、短くて、まだ解明すべき点が残っていることが表せない。


 [文献]
  1. 「水滴の『ぽちゃん』、音出る仕組みを解明」、ナショナルジオグラフィック日本版サイト、https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/062600279/(2018 年 6 月 22 日)。
  2. Phillips, S., Agarwal, A. and Jordan, P., "The Sound Produced by a Dripping Tap is Driven by Resonant Oscillations of an Entrapped Air Bubble." Sci. Rep. Vol. 8, p. 9515 (2018) doi:10.1038/s41598-018-27913-0
  3. "Here’s What Makes a Dripping Faucet Go 'Plink.' " National Geographic,
    https://on.natgeo.com/2tktTnD (June 22, 2018).

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2020年1月16日木曜日

「故郷を離るる歌」にまつわる思い出 [Memories Related to the Song "Der letzte Abend (Japanese Version)"]

[The main text of this post is in Japanese only.]


わが家の庭に咲いたネリネの花。2019 年 12 月 28 日撮影。
Diamond-lily flowers which bloomed in my yard; taken on December 28, 2019.

「故郷を離るる歌」にまつわる思い出

 「まくらが歌謡楽団」のブログ "makuragakayogakudan" を書いている櫻ミサさん(ペンネーム)と、このほど 「ブログサークル」という SNS を通じて、「歌声」のキーワードから知り合った。そして、櫻さんが同 SNS に作った「歌声の催しで最も好きな 1 曲は?」という趣旨の掲示板に投稿をしたところ、「美しい文で、私だけが読ませていただくのはもったいないような気がする」といわれ、彼女のブログにもその投稿を転載して貰うことになった。

 投稿文は、あまり長くならないように書いたため、説明不足の点があり、拡張版をここに掲載しようと思った。しかし、それは「好きな曲」から外れた長い昔話になりそうなので、まずは、投稿文そのものを、若干修正して引用し、この記事の中心は、その投稿文の前半にある思い出の詳述ということにしたい。
 1 曲を選ぶのは本当に難しい。この 1 月という月にプライベートに関係することを理由に選べば、ドイツ民謡「故郷を離るる歌」である。戦後の大連で、引き揚げを前にした 1947 年 1 月頃、幼友だち・Y 子さんとその姉君がよく歌っていた。私は石川県の金沢市で生まれ、たまたま敗戦前年に大連へ移住した。他方、彼女たちは大連生まれで、引き揚げを待ち望んではいても、「故郷を離るる」悲しみも深かったに違いない。Y 子さん一家の引き揚げ先も同じ石川県だったので、彼女と大学生時代に再会し、友人関係はずっと続いた。そして、彼女は 9 年前の 1 月に金沢の病院で亡くなった。今月参加する歌声の会では、この歌をぜひリクェストして、彼女の追悼をしたいと思っている。


 実は、引用文中の「1947 年 1 月頃」というのは半ば創作で、もう少し早い時期だった可能性が大きい。Y 子さんも私も小学校 5 年生だった遠い昔のことである。祖父、伯母、従姉、母を含む私の家族が大連から引き揚げたのは Y 子さん一家より一足先だったが、どちらも 1947 年 2 月だった。したがって、Y 子さんと 1 歳年長のその姉君・R 子さんによる「故郷を離るる歌」をよく聞いたのは、2 月よりも前であることだけは確かである。それは、何日間かに及ぶ早朝、元々は私たち家族の住まいでありながら、当時 5 家族が同居していた家の中でのことである。6 人家族だった Y 子さん一家に、私たちの家の 2 階の一室に入って貰わなければならない事態になっていたお陰ともいえる。

 私は、そのような事態になったのは、大連港からの引き揚げに備えて、旧満洲を含む中国各地から参集した人たちを受け入れるためだったとばかり思っていたが、それ以外にも大きな理由があったことを、のちに本を読んで知った[文献 1、2][注 1]。戦後間もなく中国人が支配するようになった大連市政府から「日僑人民住宅調整」という命令が 1946 年 7 月初めに出されたというのが、その理由である[文献 1、p. 125]。中国人と日本人の住宅不均衡を平均化しようという提案のもとに、その調整権限は日本人労働組合に委ねられたのだった[文献 2、p. 383]。

 Y 子さん一家が、わが家の後ろにあった自宅から私たちの家の 2 階へ移って来た時期についても、私は記憶がはっきりしていなかったが、いま文献 1 を見ると、その p. 136 に、住宅調整期限ぎりぎりの 1946 年 9 月末だったように記されている。そうだとすれば、Y 子さんたちが「故郷を離るる歌」を盛んに歌いながら、2 階から 1 階の台所へ降りて来ていたのは、引越し早々で、まだ自宅生活の気分から抜けきれなかった秋のことだったのかもしれない。私は台所に隣り合う部屋に起居していて、食糧不足の苦しい生活の中[注 2]、彼女たちの歌声を心温まる思いで聞き、「故郷を離るる歌」を覚えたのである。

 Y 子さんには、もう一人、私より数歳年長の姉君・K さんがいた。文献 1 を読み返すと、一家がわが家の 2 階へ引っ越すにあたっては、K さんの誕生以来備わっていたピアノを、ブローカーの手を経て、ソ連人将校夫妻に買って貰ったことが述べられている。このことから思えば、Y 子さん姉妹は幼少時から音楽によく親しんでいたのである。K さんはのちに小学校の音楽教師になり、R 子さんも中高年頃に地域のコーラス・グループに参加していたと聞いた。Y 子さんは大学生時代に、学内の歌声運動でリーダー的役割を務めていたと、間接的に聞いたことがある。

 歌声の催しで私がリクェストして来たいろいろな歌の中で、Y 子さんが歌っていたのを聞いたのではないが、彼女を思い起こす歌が他に 3 曲ばかりある。そのうちの一つ、「ケセラ・セラ」については先に記した(ここでの「Y 子さん」を、その記事では「A さん」と記している)。残りの歌については、またの機会に書きたい。

 なお、Y 子さんが亡くなった知らせを聞いて記した追悼記事でも、「故郷を離るる歌」に一言触れた。それによれば、私は大連で一旦聞き覚えたこの歌の歌詞を忘れていて、「歌声喫茶」の歌集で改めて覚え直したのであった。また、「故郷を離るる歌」の日本語歌詞の訳詞者が吉丸一昌であることは、いま知ったばかりだが、彼は、父が好んでいたと母から聞いた唯一の歌「早春賦」の作詞者でもあることは、不思議な巡り合わせである。


 [注]
  1. 文献 1 は Y 子さんの母君の作品で、ご自身とその家族や周囲の人たちをモデルに、戦後の大連での日本人の暮らしを描き、第 13 回金沢市文学賞を受賞した。
  2. 私の家族には祖母もいたのだが、引き揚げのわずか前の 1947 年 1 月 29 日、かの地で亡くなった。死因についての医師の診断書は、「栄養失調」だったと母から聞いた。より詳しくは文献 1(p. 116)で知った。口内から食道や胃に至るまでの粘膜が炎症に冒される「高梁病(こうりゃんびょう)」が元だったということである。高梁は中国で主食に使用されていた作物であり、高梁食には油脂の併用が欠かせない。戦後の大連の日本人は白米が入手出来ないことから、高梁食を白米食の時と同じ淡白な(かつ少量しか入手できない)副食物と一緒に摂取していたため、繊細な体質だった祖母にその弊害が出たのである。
 [文献]
  1. 浅野幾代、『大連物語』(北国出版、金沢、1985)。
  2. 富永孝子、『大連・空白の六百日』(新評論、東京、1986)。

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2020年1月1日水曜日

2020 年初めのごあいさつ (Greetings for the New Year of 2020)

[The main text of this post is in Japanese only.]


妻の年賀状の挿絵として、彼女が登った思い出の山の一つである飯豊山(いいでさん。新潟・山形・福島三県にまたがる。標高 2105 m)を私が描いたもの。『週刊 日本百名山』No. 41
(朝日新聞社、2001)の表紙写真(撮影・高橋金雄)を参考にした。
A picture I made for my wife's New Year card, showing Mt. Iide-san,
one of the mountains she climbed.

新年おめでとうございます

皿を蹈(ふむ)の音のさむさかな 蕪村

 柴田宵曲はこの句を「厨(くりや)の鼠を詠んだものに相違ないが 姿を描かず 音だけを現したところに特色がある 皿を蹈む鼠の音の寒さは 他の何者よりも適切なような気がする」(『新編 俳諧博物誌』岩波文庫 1999年)と評しているそうです[注 1]
 いま何よりも寒く感じられる音は 安倍改憲がもたらそうとしている軍靴の響きではないでしょうか

 皆様のご健康とご幸福をお祈りします


 [注]
  1. 柴田宵曲の評は、『新編 俳諧博物誌』からの直接の引用でなく、「Blog 鬼火~日々の迷走」からの孫引きのため、「評しているそうです」とした。

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2019年12月22日日曜日

「五色浜の子守歌」を守ってきた人たち (People Who Followed "Goshikihama Lullaby")

[The main text of this post is in Japanese only.]


「五色浜の子守歌」の楽譜と、この歌の「復活秘話」。
The score of "Goshikihama Lullaby" and "Secret Story" about the resurrection of the song.

 先の記事に記した「五色浜の子守歌」の合唱ビデオを、かつての朝日新聞への投書「心に残る母の子守歌:どなたかルーツ教えて」にあった楽譜と注意深く比較しながら聞いてみた[注 1]。すると、合唱と楽譜とでは、音の長さや直前の音に比べての高さなどが、所どころで異なっていることに気づいた。そこで、合唱に使われている楽譜を入手したいと思い、合唱の行われた場所・淡路文化会館のウェブサイトの、「お問い合わせ」ページから質問を送ってみた。12 月 6 日の夕方のことだった。それからちょうど 10 日後の 12 月 16 日の朝、会館から電話があり、合唱グループ「五色サルビアエコー」が楽譜を会館へ届けてくれることになり、それを郵送するので、もうしばらく待って欲しい、とのことだった。

 12 月 18 日に会館からの封書が届き、開けてみると、楽譜の他に、思いがけなく「『五色浜の子守歌』復活秘話」と題する文[文献 1]のコピー(A4 紙 4 ページ)が同封されていた(上掲の写真参照)。これらは「五色サルビアエコー」代表・高鍋禮子さんと採譜者・高鍋和男さん(「復活秘話」の著者でもある)から提供されたものであることと、淡路島以外でもこの歌に関心を持つ人がいることに両氏が感激しておられたということを記した会館の担当者のメモも添付されていた。「復活秘話」の内容は、あたかも小説のような素敵な話であり、ここにかいつまんで紹介したい。

 長崎の小学校で「五色浜の子守歌」を習い、フィリピンに渡って歯科医を開業していた中野敏一さんが、1945 年の敗戦で長崎へ引き揚げてみると、生家は原爆で跡形もなくなっていた。彼はその時、とっさにこの子守歌を思い出し、淡路島へ行き、その南東部にある福良の歯科医院に身を寄せて勤務していた。その頃、福良小学校の先生で音楽の得意な平野まきゑさんが歯の治療に来た。そして、治療をした中野さんは、ギター伴奏で平野さんに「五色浜の子守歌」を聞かせた。これが縁で、二人は 1946 年にめでたく結婚した。1952 年、中野夫妻は念願の五色浜のある地域への転居を果たし、敏一さんは地域の小・中学校の校医も勤めながら、二人でこの歌を守り続けて来たということである。

 「復活秘話」の著者・高鍋和男さんは、小学校長を退職して、五色浜教育委員会に勤務していた 1990 年 5 月、小学校同級生の一人から上記の「... ルーツ教えて」の投書を知らされた。そして、入院中だった中野まきゑさんを、院長の許可を得て、1990 年 12 月に採譜のためテープレコーダー持参で訪れた。まきゑさんは 1986 年に亡くなった夫・敏一さんのことを思い浮かべながら、涙ながらにこの歌を歌ったそうである。翌 1991 年 10 月には、「五色サルビアエコー」が、洲本市民会館で開催された淡路合唱祭で「五色浜の子守歌」を初披露し、全員合唱もして、大反響を呼んだとのことである。

 「復活秘話」は次のように結ばれている。
 明治 35 年(1902 年)生まれの中野敏一先生が「長崎の小学校で教えてもらった」と云うことは、明治の終わり頃、教えてもらっていることになります。日本音階で作曲されている、この子守歌は、貴重な日本の文化遺産です。中野敏一先生が掘り起こされた、この素晴らしい子守歌を、再び消滅させてはなりません。日本の古き良きもの——唱歌・童謡と共に、歌い継ぐ責務を感じています。
 この歌を私に歌ってくれた母も、中野敏一さんと同じ年の生まれである。「復活秘話」には、「... ルーツ教えて」の投書への反響としての投書 3 通が簡単に紹介されている。その中の「ほかの歌と一緒に亡き母から聞いた。特に『珠よりきれいな白い石、星よりきれいな青い石』のところは、テンポが速くなっており、美しいメロディーが心の中に残っている」(堺市、大学教授)という 1 通は、私がルーツ探しの手掛かりになればと思って、母の生年、出生地(金沢市)、学んだ場所(石川女子師範附属小から同師範)などを併記して送った投書である。ルーツ探しに直接役には立たなかったが、中野敏一さんと母の生年が同じであることからすれば、1902 年前後生まれの児童が日本各地の小学校で習っていた可能性がありそうである。

 高鍋禮子さん、高鍋和男さん、そして、淡路文化会館の担当者・Y. Y. さんに深く感謝する次第である。


 [注]
  1. 先の記事中に当初引用した「五色浜の子守歌」の歌詞は、朝日新聞への投書「... どなたかルーツ教えて」にあったものを使用した。その中の「花よりきれいな」となっていたところは、今回貰った資料から、「珠よりきれいな」が正しいと分かり、修正した。
 [文 献]
  1. 高鍋和男「『五色浜の子守歌』復活秘話」、『ふるさとの歴史探訪』(鳥飼まちおこし協議会、2006)p. 168 所収。
 (2019 年 12 月 25 日最終修正)

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2019年12月17日火曜日

鳥羽への旅 (The Trip to Toba)

[The main text of this post is in Japanese only.]


宿の窓からスケッチした鳥羽港の眺め。
View of Toba Port sketched from the hotel window.

鳥羽への旅

 さる 12 月 12 日、妻と私は鳥羽への旅をした。先月の赤穂への旅と同様に、「かんぽの宿」の宿泊客向けに週 2 回、JR 大阪駅前から運行している直行バスを利用した。乗客は私たちの他に一組の夫婦(大阪・箕面在住の I さん)があっただけで、往復とも大型バスを 4 名でゆったりと占有した形となった。車窓には紅葉した山々の風景が続いた。

 宿の窓からは鳥羽港が眺められ、翌日の朝食後、スケッチをした(上掲の写真)。短時間で急いで描いたので細部には狂いもある。絵具「ウインザー&ニュートン コットマン・ハーフパン 12色スケッチャーズポケットボックス」、絵筆「ステッドラー ウォーターブラシ」、スケッチブック「hot press 細目、F0」を使っている。

 高台にある宿から、港の対岸の道へ下り、鳥羽中央公園沿いの道を進んで、鳥羽民の森公園まで行くウォーキングも楽しんだ(往復約 1 時間)。その公園には小さな動物園が付属していて、孔雀、猿、羊などが見られた。

 旅行中の写真 9 枚を Facebook にまとめて掲載した。下掲のイメージをクリックすると、拡大版を 1 枚ずつご覧になれる。


(2020 年 1 月 6 日修正)

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!