2019年10月20日日曜日

N・T 氏へのメール -2-:漱石記念館など (Email Messages to N. T. -2-: Soseki Museum, etc.)

[The main text of this post is in Japanese only.]


わが家の庭に今年初めて咲いたシュウメイギクの花。2019 年 10 月 11 日撮影。
The first flower this year of Japanese anemone in my yard; taken on October 11, 2019.

N・T 氏へのメール -2-:漱石記念館など

2019 年 8 月 24 日
N・T 様

 拙文「オランダとロンドンで」をお読みの上、ご感想をいただき、恐縮です。

 貴殿の「英蘭紀行」中、漱石記念館の名が出たあと、漱石の話がいろいろ続いていた[注 1]ので、記念館をご覧になったものと思い込んでいましたが、今日お知らせいただいた熊本新聞のウェブページによれば、先生のご旅行時には閉館されていて、今年 5 月に場所を変えて新記念館として開館されたということですね[注 2]。漱石についてまたお便りされるかもしれないとのこと、大歓迎です。

 ローザとはロザリンド・フランクリンのことですね。彼女について別の機会に書かれましたら、またぜひ読ませて下さい。

 なお、私の「ゆっくり人の時空漫歩」は、その後ホームページでは継続していなくて、ブログをそのような目的に使っています。"Ted's Coffeehouse 2" というタイトルのブログサイトで、和英両文で書いていた時もありますが、最近は概ね表題と写真説明のみが英文付き、本文は和文のみとなっています。記事の投稿も、論文集編集に力を入れ始めてから、ガクンと減り、月に 1 ないし 3 回程度になっています。ホームページに英文で書いていた短いエッセイも、ブログ "IDEA & ISAAC: Femto-Essays""IDEA & ISAAC: Surely I'm Joking!" で続けてはいますが、このところ、何年かに 1 記事を書く程度になっています。このように、寂しい執筆状況ですが、お暇の折にご笑覧・ご高評いただければ幸いです。

 T・T


2019 年 8 月 25 日
N・T 様

 漱石記念館の件では、貴殿の紀行文中、「[漱石の留学時の下宿]の向かいの建物には以前、多くの日本人が訪れた漱石記念館があり」のところの「以前」の語が頭に残らない雑駁な読み方をしていました。私の方こそ、申し訳ありません。メール中のエピソード[注 3]、楽しく拝読しました。

 なお、私のブログ中、漱石について書いた文は、"Sōseki" というラベルをつけてあり、下記の URL でまとめてご覧になれます。
  https://ideaisaac2.blogspot.com/search/label/Sōseki

2013 年に書いていた "漱石『草枕』の主人公が唱える芸術の「非人情」" と題するシリーズは、もう少しで終わるところで未完のままになっていますが。

 T・T

 追伸。漱石に触れながら "Sōseki" のラベルを入れ忘れたブログ記事がいくつもあることに気づきましたので、これから追加修正します。上記の URLは、その修正が完了したことをお知らせしたあとにでもご覧いただければ幸いです[注 4]。

 T・T


 注:
  1. N・T 氏は近くにある赤い郵便ポストを見て、「僕ハモーダメニナッテシマッタ」と書いてきた子規に、漱石が少しでも苦しみを忘れさせようと、ユーモア溢れる書簡を投函したポストかもしれない、と思っている。また、ラベンダーヒルへの坂道やクラッパム公園は、漱石が転倒し乳母車にぶつかりながらも、下宿の主人ミス・リール婆さんから勧められた自転車の練習に励んだところ、ということも記している。
  2. 新・ロンドン漱石記念館のホームページがこちらにある。研究家向けに私宅で再開館したとのことで、見学には予約が必要である。
  3. N・T 氏夫妻が地下鉄を降りて漱石の下宿跡へと向かっていると、すれ違った婦人から、「今日は休日ですので,ミュージアムはお休みですよ」教えられたが、その瞬間には、ミュージアムとは漱石記念館だということが分からなかった、などの話が書かれていた。
  4. その後、修正は完了している。

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2019年10月19日土曜日

"ONLY FOR YOU ..." は悪質迷惑メール (The Malicious Spam Message "ONLY FOR YOU ...")

[English text comes after Japanese one.]


わが家の庭に咲いたヤブランの花。2019 年 9 月 21 日撮影。
Flowers of big blue lilyturf in my yard; taken on September 21, 2019.

"ONLY FOR YOU ..." は悪質迷惑メール

 私としたことが、ハッカーにやられた。といってもパソコンでなく、ツイッターのアカウントだったので、被害は私のツイッター上の友人たちに、私が受け取ったのと同様の迷惑ダイレクトメールが私の名で送られたということだが。2人の賢明なツイッター友人がすぐに、ハッキングされているらしいよ、と教えてくれた。

 ハッキングされた経緯は次の通りである。私宛のダイレクトメールに "ONLY FOR YOU" としてリンクが書いてあったので、最近ツイッター友人になった絵を描く外国人あたりが、自分の絵を安く売る宣伝のウェブサイトでも知らせてきたのかと早合点し、買うつもりはないけれども、どういう絵なのか見るだけは見ておこうと思い、リンクをクリックしたのである。

 すると、「安全なウエブサイトだけを見るように出来るツイッター用のアプリを使いますか」という意味の英文が出た。それはあった方がよかろうと思い、そのアプリの利用を承認した。こういう勧めが出るということは、リンク先が怪しいものだったのかも知れないと思い、それ以上見ることはやめたのだが、実はそのアプリ自体がツイッターのアカウント情報を盗み、盗み主が盗んだアカウントの持ち主になりすますことを可能にする悪アプリだったのだ。

 これ以上の被害を防ぐ対策として、ツイッター社へそのアプリが悪アプリだという報告をして、それを除去し、ツイッターのパスワードを変え、私宛ダイレクトメールの送り主になれる人をツイッター友人だけに制限した。また、ツイッターやフェイスブック上で、ツイッター友人たちへのお詫びと注意の言葉を発信しておいた。もしもツイッター・アカウントのハッキングをこうむったならば、ツイッターの "Help Center" > "Security and hacked accounts" を参照すると、役立つ情報が得られる。

I quote below similar passages as above posted in English on Facebook.
Yesterday, my twitter account was used by a wicked person to send a spam message, "ONLY FOR YOU ...," by the direct message function. I'm sorry about this. The message includes a URL. Please don't click it. If you already clicked the link and allowed the connection of an application of a certain name related to Twitter, please delete the application from your account to protect your account information. For the details of protection, see "Help Center" > "Security and hacked accounts" of Twitter.

Notes added later:

The explanation for the application mentioned above was something like this: "Useful for not opening the dangerous site." However, the application itself was a virus.

I clicked the link in the direct message supposing that an overseas twitter friend and painter might have wanted to introduce me to her/his site to sell her/his paintings cheaply. I had no idea of buying one of them but just wanted to look at them.

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2019年10月12日土曜日

N・T 氏へのメール -1-:海外訪問記など (Email Messages to N. T. -1-: Writings on Overseas Visits, etc.)

[The main text of this post is in Japanese only.]


わが家の庭に咲いたモミジアオイの花。2019 年 9 月 1 日撮影。
The flower of scarlet rosemallow in my yard; taken on September 1, 2019.

N・T 氏へのメール -1-:海外訪問記など

 さる 6 月以来、かつて数年間同僚だったことのある東北大名誉教授 N・T 氏との間でメールの交換が続いている。私から彼へのメールを適宜修正して、本ブログの記事として連載する。



2019 年 6 月 21 日
N・T 様

 お便りと添付のお原稿「ラザフォードの指導を受けた日本人若手研究者~S. Oba とは誰か~」を興味深く拝読しました。古い Physics Today 誌の写真から、ラザーフォードのもとで研究した S. Oba 氏の正体を突き止められた経過は、探偵小説のように面白く、また原子核物理学を専攻した私としても、はなはだ参考になるお話でした。ゆったりとして有益だったという蘭英旅行についても書かかれましたら、拝読出来れば幸いです。

 私は 2 年ほど前から、英文で専門誌に発表した論文をデジタル論文集にまとめて ResearchGate サイトに掲載する仕事を続けていましたが、先般ようやく全 94 編を 20 の分冊(Volume と称していますが、1 Volume は高々数十ページ程度のものです)にまとめ終えたところです。これ以後なお、所内誌・学内誌に掲載した論文や技報などの中のめぼしいものを Supplements としてまとめておきたいと思っています。

 とりあえず、お礼まで。ご壮健で過ごされますよう、祈っております。

 T・T


2019 年 8 月 23 日
N・T 様

 奥様のご要望で昨秋エアコンを設置されたとのこと、東北地方も 35 度くらいの最高気温が頻発するようになったようで、エアコンは必需品でしょう。

 「英蘭紀行」、掲載版「ラザフォードの指導を受けた日本人若手研究者——S. Oba とは誰か」と、そのサプルメンタルマテリアルをお送りいただき、ありがとうございました。「英蘭紀行」は短文ながら、豊かな内容になっていて、感服しました。ケンブリッジ訪問に関連して、奥様とラマヌジャンの映画をご覧になったことに触れてありますが、奇しくも、私も数年前に妻とともにその映画を見ています(原作となった本の原書も、かつて読みました)。また、私は漱石の大ファンですが、かつてロンドンを訪れながら漱石記念館を見て来なかったことが悔やまれます。貴殿の漱石に関するご知識の豊かなことにも驚かされました。

 なお、私がロンドンを訪れたのは、大放研時代の終わり頃に、国際会議でオランダ(ライデンの国際会議場で開催)へ行ったついででしたので、その旅について、「英蘭紀行」に題名だけ似て、あまり学問的でない、拙いエッセイ「オランダとロンドンで」を『大放研だより』に書き、それを私のウエブサイト(以前使用していた OCN 提供のサイトが数年前にサービス中止となり、移転してのち、あまり手を入れていませんが)に転載してあります。ご興味がありましたら、下記の URL でご覧下さい。
  http://ideaisaac.web.fc2.com/slow2b.html#sec2-14

 なお残暑が続きます。くれぐれもご自愛下さい。

 T・T

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2019年9月27日金曜日

『追悼「M 子先生」』 (The Book Entitled In Memory of "M-ko Sensei (Doctor M-ko)")

[The main text of this post is in Japanese only.]


わが家の庭に咲いたハナトラノオの花。2019 年 9 月 21 日撮影。
Flowers of obedient plant in my yard; taken September 21, 2019.

『追悼「M 子先生」』

 2007 年に「にっぽん丸」という船で日本の周りを一周しながら途中の各地を見物する旅で、埼玉県在住の女医さん夫妻と一緒になった。その夫妻とは、妻とともに交流が続くことになったが、夫君は早くも 2008 年に亡くなられた。女医さんとはその後も何回かお目にかかったり、メール交換をしたりしたが、昨年 9 月に 89 歳で突然亡くなられたとの知らせが、年末に娘さんの一人からあった。

 女医さんは亡くなる少し前に、朝日新聞社の「朝日自分史」という企画で自分史を作成する気になって、資料をまとめておられたそうだ。3 人の娘さんたちがその遺志を継いで、『追悼「M 子先生」』という本にまとめたといって、今月初めに恵贈を受けた。

 「M 子先生」は、高知県の漁業の町で製材所の四女として生まれ、高知師範学校 1 年に在学中、高知の大空襲に会い、間もなく父親をがんで亡くした。翌年には音楽と体育が苦手(私に似ている)の自分には小学校の先生は無理と悟り、師範学校を退学し、学費のめどがたたないまま、高知県立女子医専に入った。ところが、戦後すぐに行われた GHQ による女子医専の見直しで、高知県立女子医専は廃校になり、大阪女子高等医専へ入り直したそうである。

 「M 子先生」は最後まで現役の女医さんだった。晩年の休暇中の彼女だけを知る私には、女医さんというより、ごく普通のおばさんといった感じの、人懐っこい方と思われたが、『追悼「M 子先生」』を読んで、なかなか苦労して勉強されたのだと知った。

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!

2019年9月18日水曜日

水彩画『幌尻岳』 (My Watercolor "Mt. Poroshiri")

[The main text of this post is in Japanese only.]


 来たる 2019 年 10 月 21 日(月)から 25 日(金)まで、堺市役所本館エントランスホールで開催される『美交会展・33』(主催・堺の文化をすすめる市民の会)に出品する予定の水彩画を、9 月 16 日に完成した(上掲の写真。色調が実際の絵より、いささか鮮やかすぎるようだ)。ホルベイン不透明水彩絵具とホルベイン紙 F6 を使用した。文献 1 の表紙写真を撮影して、その左右をカットした形でパソコン画面に表示したものを参考にして描いた。

 文献 1 の目次上部にある説明によれば、その写真は、伊藤健次氏の撮影による『戸蔦別岳から望む盛夏の幌尻岳』と題するものである。そこに添えられている元の写真の小さなコピーを見ると、表紙写真では元の写真の下部がいくらかカットされており、長い稜線は実は手前左寄りまで、まだ続いているのである。その稜線が上縁をなすカール(圏谷)を、深田久弥は「全く円戯場と呼ぶにふさわしい」と形容している(文献 2)。幌尻岳(ぽろしりだけ)は北海道日高振興局の沙流郡平取町と新冠郡新冠町にまたがる標高 2,052 m の山で、日高山脈の主峰である。山名はアイヌ語で「大きい(ポロ)山(シリ)」を意味するそうだ(文献 3)。

 パソコン上のコピー写真では、元の写真より色彩が全体にやや茶色味がかっており、初めのうち、特に山頂近くの向かって左側の斜面辺りを、その色合いで描いていた。途中で、元の写真はもっと盛夏らしく緑色が強いと気づき、緑がかった色に修正した。しかし、修正は不十分で、出来上がりの頂上付近は、パソコン上のコピー写真と元の写真との中間のような色合いとなった。手前の傾斜の黄緑色は黄色味が強すぎたようだ。微妙に異なる緑色を塗り分けるのは難しいものである。また、表紙写真は中央下部に「幌尻岳」の文字が白抜きで縦に大きく入って風景の一部を隠しており、その辺りを描くには、目次ページの小さな写真の拡大コピー(あまり大きく拡大してもぼやけるだけで、それほど大きくはできなかった)も参考にした。

 なお、妻はこの山に 2009 年 8 月、朝日旅行のグループで登っている。

 文献
  1. 『週刊 日本百名山』No. 35(朝日新聞社、2001)。
  2. 深田久弥『日本百名山』(新潮社、1964)。文献 1 に「幌尻岳」の章が朝日文庫版から再録されている。
  3. 三宅修「"北海道の背骨" 日高山脈の盟主」、文献 1 所収。

——————————
 「人気ブログランキング」へ一票を!