2015年6月7日日曜日

水彩画『草の根の力』(Watercolor "The Power of Grass-Roots")

[The main text of this post is in Japanese only.]


私の作品『草の根の力』。2015 年 6 月 6 日完成。
My work "The Power of Grass-Roots," completed on June 6, 2015.

  9 月に予定している長女との親子展に、親子共通の題材を扱った一組の作品を加えようということになった。そこで私は、長女のキルト作品『庭のドクダミ』に似た形で花の並ぶドクダミを描こうと、慣れない植物の絵に 1 月から取り組んでいたが、昨日ようやく出来上がった。

 ドクダミは、地下の根をどこまでも伸ばして、たくましく広がる。折しも、安保法制の名の戦争法案が国会で審議されている。9条を破壊するなという、人々の草の根からの運動が今こそ盛り上がらなければならないという思いもあって、この作品を『草の根の力』と名付けることにした。

 奇しくも、けさの朝日紙「天声人語」欄もドクダミを取り上げていた。同欄の文の題名は紙上にはないが、インターネット版(こちら)には「雨の季節の白い花」の題があり、冒頭の次の文に続いて、この季節のいろいろな白い花に触れている。
一輪挿しにして眺めて、ドクダミを見直した。濁った感じの名前に似ず、白い十字の花と見える苞(ほう)はひっそりと清楚だ。スペード形をした葉の濃緑が、白をきりりと引き立てる。はびこるだの、けちくさいだの、雑草呼ばわりが申し訳なくなる。
この植物の花弁のように見えるのは苞(つぼみを包んでいた葉)で、中央の棒状の花序に淡黄色の小花が密生しているのである。

0 件のコメント: