2010年5月30日日曜日

バラ「ピース」 (Peace Rose)

 久しぶりの晴天になった昨5月29日、浜寺公園の「ばら庭園」を訪れた。最近は毎年のように訪れているが、今年は5月半ばに風邪気味だったり,天候がよくなかったりで、遅くなった。多くの品種は満開を過ぎた様子だった。それでもなお、結構楽しむ事が出来た。1枚目の写真は、「ばら庭園」の「山間の景」ゾーンの眺め。2枚目の写真は、名前が気に入ってまいかい必ず撮影する栽培変種「ピース」。今年初めて、その詳しい説明を見た。概要、次の通り。

 20世紀モダーン・ガーデンローズを代表するバラ。世界バラ会連合が選ぶ『バラの殿堂』に最初に選ばれている。第2次世界大戦終結の年に発表されたことにちなんで『ピース』と名づけられた。フランス名は、作出者の母親の名にちなんで,'Mme.A. Meilland' と名づけられている。その豪華な花姿、微妙にピンクをおびた黄色の花色、それに対比する濃いグリーンの照りのある葉、そしてしっかりとした枝をもち、それ以前のバラと比べ、傑出しており、これ以降のバラのスタンダードとなった。

After some cloudy and rainy days, it at last became fine yesterday. Went to the rose garden of Hamadera Park. It is at the distance of one-block ride on railway plus a little walk from here. The first photo shows the zone named "mountain scenery" of the garden; and the second, the Peace rose. Each time I visit there I take the picture of this cultivar. This time I found an explanatory board, the words from which are quoted above in the Japanese version of this blog. Part of the explanation in Wikipedia [1] is quoted below.

The Peace rose is the most famous and successful garden rose of all time. [. . .] The name "Peace" is a trade name; its formal cultivar name is Rosa 'Madame A. Meilland'. The adoption of the trade name "Peace" was publicly announced in the United States on 29 April 1945 by the introducers, Messrs Conard Pyle Co. This was the very day that Berlin fell, officially considered the end of the Second World War in Europe. Later that year Peace roses were given to each of the delegations at the inaugural meeting of the United Nations in San Francisco, each with a note which read: "We hope the 'Peace' rose will influence men’s thoughts for everlasting world peace".

  1. "Rosa 'Peace'," Wikipedia, the free encyclopedia (25 April 2010 at 19:42).

0 件のコメント: