2015年3月17日火曜日

美作湯郷の朝 (Morning in Mimasaka-yunogō)

[The main text of this post is in Japanese only.]


早朝に見られた雲海。
Sea of clouds seen in the early morning.


霧が晴れたあとの眺めのスケッチ。
Sketch of the view after the fog cleared off.

 3 月 15、16 日、妻と岡山県・美作湯郷のかんぽの宿を利用する一泊の旅をした。宿の予約をしてから列車等の時間を調べたところ、公共交通機関で行くにはとても不便な場所と分かり、泊まって帰るだけの旅となった。それでも、泊まった翌朝早くに、窓から雲海を見ることができたのはよかった。1 枚目のイメージで、海か湖のように見えるのは霧で、遠方に島のように見えるのは地続きの山々である。

 宿のレストランに「雲海」と名付けられていたことに、朝食時にあらためて気づいた。夕食時にもその名を見ながら、しゃれた名前として付けたのだろうぐらいに思って、記憶に残らなかったが、雲海を見ることができるのが特色の土地柄に因んだ名だったのである。

 朝食後部屋へ戻ると、霧は一面に濃くなり、宿の境界に立つ針葉樹の並木とその手前の庭しか見えなくなってしまったが、並木だけの光景でもスケッチしておこうと描き始めた。そのうちに霧は晴れて、2 枚目のイメージのような絵になった。

0 件のコメント: