2015年4月27日月曜日

焼津と三ケ日への旅 (Trip to Yaizu and Mikkabi)

[The main text of this post is in Japanese only.]


「かんぽの宿・焼津」からの眺め。駿河湾が見える。
View from Kamponoyado-Yaizu. Suruga Bay is seen.


「かんぽの宿・浜名湖三ケ日」からの眺め。奥浜名湖を望むレークサイド・リゾート地に位置するため、多くの別荘が見える。
View from the Kamponoyado-Hamanako-Mikkabi. The hotel is located in the lakeside resort area overlooking the Lake Oku-Hamana. So, many villas are seen.

 4 月 23 日から 25 日まで、妻と東海方面の「かんぽの宿」を利用する旅に出た。初日は「かんぽの宿・焼津」を利用するため、新幹線で静岡へ行き、東海道在来線乗り換えた。乗り換え地で途中下車し、静岡市美術館が開館 5 周年記念に開催している『大原美術館展』を見た。大原美術館は 2 月に訪れたばかりだったが、「大原美術館設立への道」、「珠玉の西洋絵画」、「日本近代美術の名作」、「民芸運動の作家たち」、「生きて成長していく美術館」の 5 部からなるこの展覧会の、全 75 点も見応えがあった。

 翌 24 日には「かんぽの宿・浜名湖三ケ日」へ移動する途中、浜松で途中下車し、浜松市楽器博物館を見学した。「世界の楽器を偏りなく同じ目線で平等に紹介している」という展示は、なかなか楽しめた。70 歳以上無料、個々の楽器をその演奏音も加えて詳しく説明するイヤホンガイドも無料で、30 分おきほどに行われている学芸員やボランティアによる説明もよかった。ここで長時間を過ごしたため、浜松の他の場所を見る時間がなくなった。

 2 カ所のかんぽの宿では窓からの眺めをスケッチをしたが、宿泊地で見物した場所はなく、また、静岡市美術館が駅から 3 分、浜松市楽器博物館が駅から 7 分という近距離だったため、この旅での三日間の歩数は、家にいてウォーキングを三日間する場合より少ない、約 17500 歩だった。

0 件のコメント: