2010年12月13日月曜日

最後の一葉 (The Last Leaf)


 桜の木に最後の一葉があった。オー・ ヘンリーの短編小説「最後の一葉」では、ツタの葉であるが。写真は堺市・笠池公園で、2010年12月6日撮影。

Found the last leaf on a cherry tree at Kasaike Park, Sakai, on December 6, 2010. In O. Henry's novella "The Last Leaf," it was the leaf of Boston Ivy.

From tweets of yesterday (edited by rephrasing, adding words, etc.)

Astrophysics

"No evidence of time before Big Bang." Nature News (December 10, 2010) Latest research deflates the idea that the Universe cycles. [Retweeted by U]

Environment

"Climate negotiators reach 'balanced' agreement in Cancun" The Great Beyond nature.cpom (December 11, 2010); "Statement by the Secretary-General on the outcome of the climate change negotiations in Cancun, Mexico" United Nations (December 11, 2010); but what did Japan do there? See: "Japan threatens progress at climate talks in Cancun." Climate Justice Now! (December 1, 2010).

2 件のコメント:

Suzu-pon さんのコメント...

じっと見ているとセンチメンタルな気持ちになります。オーヘンリーの「最後の一葉」中学校の英語の時間に習った記憶があります。教科書に載っていたそのストーリーが気に入り、何度も朗読したのも懐かしい思い出です。

Ted さんのコメント...

 「センチメンタルな気持ち」、そうですね。一人ひとりの人間も、いずれは散って行くのですから…。
 ところで、昨日の朝日紙夕刊に、ヤマコウバシという木の葉を、広島市植物園で売り始めたのが大人気との記事が載っていました。冬に枯れても「落ちない」ことから、受験シーズンの合格祈願のお守りとして縁起がよいという理由です。