2011年2月22日火曜日

クライストチャーチの地震 (Christchurch Earthquake)


 きょう、2011年2月22日、ニュージーランド第2の都市クライストチャーチで、マグニチュード6.3の地震が発生し、同国で最大規模の自然災害となった (The Telegraph)。市のシンボルであったゴシック様式、高さ63メートルの大聖堂の上半分が崩壊した。上の写真は、私が2004年1月に訪れたときに撮影した崩壊前の大聖堂である。内部には134段の階段があり、それを登ると、市内と周辺の山々を眺めることが出来た。被災者の速やかな救出と早い復興を望む。

New Zealand suffered one of its worst natural disasters on Tuesday, February 22, 2011, when a 6.3-magnitude earthquake hit its second-biggest city of Christchurch (The Telegraph). The upper half of the Gothic-style Cathedral, which was 63-meter high and the symbol of the city, collapsed. The above photo, which I took in January 2004, shows the Cathedral before the collapse. There were stairs of 134 total steps inside, and climbing it, one could see the city and surrounding mountains. I wish the quickest rescue of the victims and an early reconstruction of the city.

0 件のコメント: