2011年12月25日日曜日

16歳の少年が私に相対論などを質問:2. アインシュタインとブラックホール (Boy of Age 16 Asks Me about Relativity, etc. 2. Einstein and Black Holes)


【Read in English.】

1921年、ウイーンで講義するアインシュタイン
By Ferdinand Schmutzer [Public domain],
via Wikimedia Commons

 【概要 (Abstract in Japanese)】 このシリーズでは、ツイッター友人である16歳の少年(仮名アーロン)からの、相対性理論など物理学に関する質問と、筆者(仮名テッド)の回答を紹介している。第2回の質問は、アインシュタインはブラックホールの存在を信じていなかったと本で読んだが、それならどうしてブラックホールを予測する一般相対論を発表したのか、というものである。(本文は英文で、つとめて易しく書いてあるので、あえて日本語版の本文は作成しない。)
 【本文(英文)へ (To the main text in English)

2 件のコメント:

trinity さんのコメント...

読ませて頂きました。
最後の一文は、人が産み出したモノは、創造者の意思とは無関係に一人歩きし始める、という真理を示しており、大変興味深いです。
科学理論に留まらず、絵画、音楽、文学、映画などの芸術の世界でもそのような事例を目にします。

Ted さんのコメント...

trinity さん、よいコメントをいただき、ありがとうございます。