2011年12月21日水曜日

ヒイラギナンテン (Mahonia)



 ヒイラギナンテン(柊南天、メギ科)。常緑で落葉はしないが、冬に赤銅色になる部分があり、紅葉のようになる [1]。各種の色の葉が混じりあっているのを面白く思い、撮影した[英文説明の 1e 引用箇所も合わせて読むと、色の混じり合いが納得出来る]。2011年12月5日、津久野南団地で。

  1. ヒイラギナンテン, ウィキペディア フリー百科事典 [2010年12月20日 (月) 09:35].


Mahonia; botanical name, Mahonia japonica; family, Berberidaceae. This plant produces new shoots regularly from the base, so that it is clothed in foliage at all levels [1e]. I took the above photo thinking it interesting that foliage was showing a mix of various colors (in Tsukunominami housing complex, December 5, 2011).

     1e. "Mahonia japonica," Wikipedia, the free encyclopedia (20 December 2010 at
           09:35).

0 件のコメント: