2014年1月11日土曜日

映画『武士の献立』 (Film Bushi no Kondate (Samurai's Menu))

[The text of this post is in Japanese only.]


 朝原雄三監督、松竹・北國新聞共同製作による映画『武士の献立』を見た。私の郷里・金沢(この映画の物語の江戸時代当時は、前田家が治める加賀藩)が舞台である。わが郷里にかつて、刀よりも料理包丁を大切にした武士とその妻たちがいたと知り、嬉しい。それに引きかえ、いま日本の舵を取る政治家が、科学・文化よりも戦力を大切にしているようであるのは、まことに情けない。

 以前から言葉だけ知っていた「加賀騒動」のおおよそを知ったのは勉強になった。『ウィキペディア』の「加賀騒動」の項には、『武士の献立』で知ったのとほぼ同様の説明があるが、「真相は闇のまま」ともある。私が先年写真を撮って来た、石川県政記念しいのき迎賓館(かつての石川県庁)前にあるシイの巨木(こちらの 1 枚目の写真)は、この映画の登場人物の一人、大槻伝蔵の屋敷から移植したといわれていることをこの項で知った。

 私的な思い出につながる感想を付記しておきたい。舟木春の役で主演した上戸彩の相手役・舟木安信を演じた高良健吾の顔つきには、NHK の連続テレビ小説『おひさま』で見たときから思っていたが、私に文学的な影響を与えて早世した友人 KZ 君によく似たところがある(上掲の私の下手な絵よりも、目を大きく見開いているときの方が)。ということは、KZ 君はいまの言葉でいえば、なかなかのイケメンだったのだ。


0 件のコメント: