2016年6月19日日曜日

幼少年時代の絵 10 (Drawings in My Childhood. 10)

[The main text of this post is in Japanese only.]


『グラブ』(1950 年、15 歳)。
"The glove" (1950, age 15).


清掃美化運動ポスター 3 等の賞状(1950 年、15 歳)。
The 3rd class certificate of merit for the beautification campaign poster (1950, age 15).

 一番目のイメージは、中学 3 年生の時に家で描いた作品であるが、学校で細かい短冊状の布切れを張り合わせて絵を作るための原画にしたものである。画用紙のサイズは、 285 mm × 221 mm である。布切れでの絵の製作に使用する原画は、自分で描いたものでなくてもよかったので、見栄えのする絵を手本にした生徒の作品に優れたものが多かった。そしてまた、布切れ細工では、平素の鉛筆や絵筆による絵で必ずしも優れた作品を生み出していない生徒たちが、驚くほど立派な作品を仕上げていて、これは普通の絵画とはかなり異なった能力が発揮される手法だと思った。

 この絵のグラブは従兄のお古で、引揚げ時に持ち帰り、中学生時代まで使用したが、その後、従兄に返した。従兄のお古のボールも一緒に持ち帰った。引揚げ後最初に間借りしていた家の長男さん(会社勤務)と、ある日曜日に近くの緩やかな坂道のところで、そのボールでキャッチボールをした。その時、彼の悪送球に私の手が届かず、ボールはてんてんと転がって溝へ落ち、さらに川へまで転げて行ってしまった。私は大切なボールを失って、長男さんの悪送球を大いに責めた。彼は「弁償すればいいんでしょう」といって、近くの店ですぐに新しいボールを買ってきて、同じ坂道のところでポンと投げてくれた。絵の中のボールは、その新しいボールである。古い絵は思いがけない記憶をよみがえらせてくれる。

 この絵の裏面には、まず「漆」という文字があり、ついで、これに関連する十数個の、主に漢字 2 文字の単語が並んでいる。図画か工作の時間に、そういう講義があり、先生が黒板に書かれた文字だけを写し取ったようである。最後に、「美しい/ 美術品/ 工芸品/芸術品」(縦書き。「/」は改行を示す)とある。「芸術品」が「美術品」「工芸品」よりも一文字上がっているのは、先生が芸術品の美しさを一段上と説明されたのだったか。

 二番目のイメージは、次回掲載予定の、もっと等級が上の賞状を探していたところ、一緒に出てきた、ほとんど忘れていた賞状である。しかし、この賞状を見ると、描いたポスターが思い出される。名案がなかなか思い浮かばなくて、学校への提出締め切り近くになってようやく描き上げたと思う。「まず汚すな!」の文字を入れて、紺色の制服姿の男子中学生が学校の廊下(ほとんど茶色づくめ)で体をかがめて、誰かが落として行った紙くずを拾おうとしている姿を描いた。絵の彩りや出来栄えは、われながらあまりよいとは思わなかったが、「まず汚すな!」の言葉がある程度救ってくれたのかもしれない。(つづく)

0 件のコメント: