2012年3月4日日曜日

別刷り請求の古きよき時代 (Good Old Days of Requesting Reprints)


 「断捨離」ということが流行している。「モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、心もストレスから解放されてスッキリする」ことを目的とする、やましたひでこさん提唱の生活術である。私もこのところ、現役時代の、古くて不要になった書類などを捨てつつある。処分すべきものの中に、われわれの論文の別刷りを請求して来た葉書の大きな束があった。大学や研究機関から発送されたそれらの葉書の多くは、郵便局の料金受領印を押してあるだけだが、少ない割合のものには切手が貼ってある。上掲の写真は、後者に属するものの一部である。いまや、別刷りは手早くメールで請求するか出版社のウェブサイトからダウンロード出来ることになり、このような葉書は古きよき時代の遺物となった。

Hideko Yamasita proposed the life technique called danshari. Danshari aims "not only to abandon mental attachment to things and make clean around oneself but also to free one's mind from stress." As if following her advice, I'm now discarding old documents, etc, from my working years. Among them, there was a large stack of postcards that requested reprints of our papers. The cards, shipped from universities and institutes, mostly came with the receipt stamp of the post office, but a small percentage of them had postage stamps. The above picture shows part of the latter kind. These days, reprints can quickly be requested by email or downloaded from the publisher's Web site. So, such postcards have become a relic of a bygone era.

0 件のコメント: