2011年10月8日土曜日

兼六園から香林坊へ 2 (From Kenroku Park to Kōrinbō -2-)


 兼六園の真弓坂口を出て香林坊に向う広坂通りは、街路樹が多いだけでなく、通り沿いの北側には、広坂緑地と中央公園という二つの広い緑地がある。前者には「しいのき迎賓館」が立つ(1枚目の写真)。これは、長く石川県政の歴史を刻んできた旧県庁をリニューアルしたものである。「しいのき」の名は、建物の正面に国指定天然記念物となっている一対の「堂形(どうがた)のシイの木」があることによる(1枚目の写真で右手前方にあって丸屋根型をしている木が、そのうちの一本である)。「堂形」は、この辺りの土地の古い呼び名で、金沢城が作られた頃、京都の三十三間堂を模した堂形の的場があったことによるという。これらのシイの木は、明治時代に石川県庁が置かれた頃の絵や写真にも見られ、樹齢約300年といわれている。

 2枚目の写真は、広坂通りにある香林坊バス停留所から兼六園の方向を見た光景である。私が金沢に住んでいた数十年前には、道路の中央を市電が走っており、街路樹はなかったが、どこからこれほど多くの大きな木々が移植されたのか不思議である。3枚目の写真は、香林坊交差点から南の片町方面を見た光景である。(完)

Hirosaka Street, which extends from Mayumizaka gate of Kenroku Park to Korinbo, has not only many street trees but also two large green areas of HIrosaka-ryokuchi and Central Park along its north side. In Hirosaka-ryokuchi, there stands Shiinoki Cultural Complex (the top photo), which is the renewed historical building of the previous government office of Ishikawa Prefecture. "Shiinoki" in its name comes from "Dōgata shii-no ki," which is a pair of Castanopsis sieboldii trees in front of the building (one of these dome-shaped trees is seen at the right in the top photo); and "Dōgata" is the old nickname of this area. This pair of trees is more than 300 years old and one of natural monuments of the country.

The second photo shows the landscape in the direction of Kenroku Park, viewed near Korinbo bus stop on Hirosaka Street. When I lived in Kanazawa decades ago, the streetcar ran along the middle of the road, and there was no street tree. I wonder from where so many tall trees were brought here. The bottom photo shows the view from Korinbo intersection towards Katamachi in the south. (End)

0 件のコメント: