2012年2月15日水曜日

不整合の整合 (Consistency of Being Inconsistent)


 2012年2月14日付けの朝日紙に、同紙のデジタル版を広告するページがあり、そこに「就活」こと就職活動を応援する特集が充実したとして、「就活メーク」を動画で習得できることを紹介している(上掲のイメージ上部)。他方、同日同紙の「天声人語」欄(上掲のイメージ下部)は、漱石の『草枕』から「文明はあらゆる限りの手段をつくして、個性を発達せしめたる後、あらゆる限りの方法によってこの個性を踏み付けようとする」という一節を引いて、就職活動での没個性化を嘆き、「同調圧力に抵抗力のある人は頼もしい」と述べている。

 これらの二つの記事は、一つの新聞の内容としては相矛盾している。しかし、没個性化を応援する動き*と、没個性化を嘆く論とが互いに自由に表現されているのは、社内が没個性化していない証拠と見れば、その状況は天声人語子の主張と合致している。一見不整合なところに整合性がある興味深い例である。

 ちなみに私は、大学院の指導教授が建設に尽力し所長を兼務することになったばかりの研究機関に推薦の形で就職したので、「就活」を必要としなかった(いまほど盛んな「就活」をする時代でもなかったが)。もしも、私が「就活」をしたとすれば、個性を出したほうだろうか、どうだろうか。


*「就活メーク」の記事中には、就活メークの分かっていない学生のメークについて「自分らしさが出ない人も多い」という箇所があり、就活メークのすすめは必ずしも没個性化のすすめとはならないとの見地で書かれているようだ。しかし、上掲のイメージ中、中央のメークがよくて、下のメークがよくないとするのは、没個性化であろう。


The Asahi Shimbun dated 14 February, 2012, carried a page advertising the digital edition of the newspaper. There, it is described that feature articles to help shukatsu (job hunting) have been much developed and that you can learn by a video how to make yourself up for shukatsu (upper part of the above image). On the other hand, the Vox Populi, Vox Dei column of the newspaper of the same day (lower part of the above image) quotes the following passage from Soseki's novel Kusamakura: "Civilization uses all the means to develop individuality and next uses every method to eliminate individuality." Then the writer laments the loss of individuality in job hunting by saying, "Those who are resistant to the pressure on individuality is reliable."

These two articles are inconsistent as the contents of a single newspaper. However, we can regard this as the free appearance of both the intention to help job hunting and the lamenting of the trend of job hunting. Here is the respect of individuality in the company of The Asahi Shimbun and is consistent to the insistence of the writer of Vox Populi, Vox Dei. This is a fascinating example of the case that inconsistency at first glance is, in fact, consistency.

By the way, I did not need shukatsu. This is because I got a job, by recommendation, at the research institute that was just established by the commitment of my teacher at the graduate course, who served concurrently as the director of the institute. (It was not even the period when job hunting as hard as now was necessary.) Would I have showed off individuality, if I had needed shukatsu?

0 件のコメント: