2013年6月17日月曜日

バス旅行「プーシキン美術館展とバラの花園」5 (Bus Trip to Exhibition of Paintings from State Pushkin Museum and Flower Festival Commemorative Park -5-)


プーシキン美術館展のチラシ。
The flyer of Exhibition of Paintings from State Pushkin Museum.


フランソワ・ブーシェ『ユピテルとカリスト』
(出典は英文で記載の通り)。
François Boucher, Jupiter and Callisto;
[Public domain], via Wikimedia Commons.

 われわれは最後に、名古屋市の愛知芸術文化センター内にある愛知県美術館で、『プーシキン美術館展:フランス絵画 300 年』を鑑賞した。モスクワのプーシキン美術館が世界に誇るフランス絵画は、女帝エカテリーナ 2 世を初めとする歴代皇帝や貴族、大商人らによる情熱的な収集によって形成された一大コレクションである。その中の、プッサン、アングルから、ドラクロワ、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホ、そしてピカソ、マティスまで、300 年にわたるフランス美術の変遷をたどれる 66 点が展示されていた。

 展覧会のチラシ(1 枚目の写真)に採用されている絵は、「ルノワールの印象派時代最高の肖像画」と評される『ジャンヌ・サマリーの肖像』(1877 年)で、日本初公開、この展覧会の最大の見どころとされている(こちらの英文ウェブページに、女優ジャンヌ・サマリーの生涯と、ルノワールが描いたこの絵ほか幾枚もの彼女の肖像画が紹介されている)。他に印象深かった絵の一つ、フランソワ・ブーシェの『ユピテルとカリスト』(1744 年)が、ウィキメディア・コモンズに引用自由の形で掲載されていたので、ここに転載した(2 枚目の写真)。ユピテルは本来男神であるが、女神ディアーナに変身して、向かって右の姿になっている。(完)


Finally, we went to the Aichi Prefectural Museum of Art located in Aichi Arts Center, Nagoya, to see Exhibition of Paintings from State Pushkin Museum. The major collection of French paintings proudly possessed by the Pushkin Museum of Fine Arts in Moscow was passionately formed by Emperors, including the II Empress Catherine the Great, nobles and large merchants. Sixty-six works from this collection, including those of Nicolas Poussin, Jean-Auguste-Dominique Ingres, Ferdinand Victor Eugène Delacroix, Pierre-Auguste Renoir, Eugène Henri Paul Gauguin, Vincent van Gogh, Pablo Picasso and Henri Matisse, are shown in this exhibition and enable visitors to trace the history of French paintings over 300 years.

The painting used in the flyer of the exhibition (top photo) is Portrait of actress Jeane Samary (1877) by Renoir. This painting is described as "the best portrait in Renoir's impressionism period" and is shown for the first time in Japan as the main attraction of this exhibition (on the Web page here, Jeanne Samary's life, as well as this and other portraits of her drawn by Renoir, is described). One of the paintings that was impressive to me was Jupiter and Callisto (1744) by François Boucher. I found a photo of this work on a page of Wikimedia Commons (public domain) and reproduced it here (bottom photo). Jupiter is a man God but is transformed into a goddess, Diana, on the right of this painting. (End)

0 件のコメント: