2012年9月3日月曜日

ブルームーンを見る (Looking at Blue Moon)


 さる 8 月 30 日の夕方、裏の家の屋根の上に出たばかりの丸い月が美しかったので、上掲の写真を撮った。インターネットで当日の月齢を調べると、満月は翌 31 日で、その満月はブルームーンと知った。ブルームーンには二通りの意味があるが、今回のは「ひと月のうちに満月が 2 回ある場合、その 2 つ目」という意味である。別の意味は「通常は 3 回である 1 季節の満月が、4 回ある場合の 3 回目」である。

In the evening of August 30, I saw a nearly full moon just coming over the roof of the house at the back and shining beautifully. So, I took the above photo and looked up the age of the moon on the Internet to know the following: The full moon called blue moon was to come the next day. The term "blue moon" has two meanings, and, in the present case, it means "the second full moon in a month." The other meaning is "the appearance of the third full moon in a season with four full moons".

 ブルームーンだからといって、普通の満月と見かけが異なるのではないが、せっかく比較的まれな満月と知ったのだから、それをぜひ見なければと思った。ところが 31 日は、夕方から雨になり、雨がやんでも、空には雲が多かった。月を見ることが出来るかどうかと心配して、夕食前に空を眺めていると、虹や不気味な色合いの夕焼けが目に入った(下の 2 枚の写真)。

The appearance of the blue moon should not be different from that of the normal full moon. However, I determined to see it, because I had just learned that it was a relatively rare full moon. On August 31, it rained in the evening, and even after it had stopped raining, there were a lot of clouds in the sky. Worrying about the possibility of seeing the moon and looking at the sky before dinner, I saw a rainbow and unusual shades of sunset (two photos below).

 夕食後、前日に月を見た辺りを眺めると、あいにく厚い雨雲が月を隠していた(下の写真)。

After dinner, I looked up part of the sky where I saw the moon the day before. Unfortunately, the moon was hidden by thick clouds (the photo below).

 一時間近く半ばあきらめて過ごしたあと、再び空を見げてしばらく待つと、ようやく雲間からブルームーンをかいま見ることが出来た(下の写真)。次のブルームーンは 2015 年 7 月 31 日だそうだ。こちらNational Geographic の関連記事がある。

After spending nearly an hour by almost giving up the moon, I looked at the sky again and waited for a while. Then, I was finally able to see the blue moon just among clouds (the photo below). We hear that the next blue moon occurs on July 31, 2015. You can see a related article by National Geographic here.

4 件のコメント:

MACHIKO さんのコメント...

ブルームーンって、言葉の響きが素敵ですが、きちんとした定義があるんですね。
虹は最近よく見かけます。晴れていると思ったら急に激しい雷雨、また青空が見えて・・・なんて、目まぐるしく変わる天候のせいでしょうか。

Ted さんのコメント...

もともとは、火山の噴火や隕石の落下時に発生するガスや塵などの影響で、実際に月が青く見える稀な現象をブルームーンと呼んでいたそうです。バラやカクテルの名にもブルームーンというのがありますね。

Unknown さんのコメント...

9月になってから、こっちもお月さん真ん丸になって、すっごく綺麗でした♪
特に、上から三番目の画像が、神秘的で綺麗です(^ム^)虹も大好きです★

Ted さんのコメント...

私が「不気味な色合いの夕焼け」と書いたのがお好きですか。