2012年12月19日水曜日

圧縮ファイルが開けない (Some Compressed Files Do Not Open)


白花のサザンカ。12月17日、ウォーキング途中の小学校の塀の上に見かけて撮影。
(本文と無関係。)
A white flower of the Christmas camellia, seen over the fence of an elementary school on my way of walking exercise, on December 17. (Unrelated to the main text.)

 Mac 用の圧縮ソフト StuffIt で圧縮してあったいくつかのファイルが開けなくなった。原因は、それらの中へ、同ソフトの新バージョンで追加のファイルを入れたせいらしい。一部のファイルは、バックアップ・ディスクから、追加前のものを取り戻した。しかし、残り二つ(目下分かっているところで)のファイルについては、バックアップ・ディスクにあるものがすでに追加のあとのもので、開けない。幸い、それらの中身は、もうほとんど不要なものなのだが、こういうことが起こるとは、しゃくである。開くための何かよい手が分かる可能性もあるかと思い、ファイル名のあとに "dead" の語を追加して、ハードディスク上に残してある。

I was unable to open some files that had been compressed with the StuffIt program for Mac. The probable reason for this is that I had put additional files into them by a new version of the same program. A few of those compressed files before addition have been recovered from a backup disk. However, two files (as far as I have noticed up to now) cannot be recovered, because the oldest corresponding files on the backup disk were already the files after addition. Fortunately, their contents are almost useless now, but I feel sad about this happening. Thinking that I may learn an appropriate way to open them some day, I keep those files on the hard disk by adding the word "dead" after the file name.

0 件のコメント: