2014年8月7日木曜日

エム・ワイ君への暑中見舞い (Summer Greeting to M. Y.)

[The main text of this post is in Japanese only.]


(和文写真説明は本文参照。以下の写真も同じ。)
Seisonkaku, a large Japanese villa in the city of Kanazawa, built in 1863 by Maeda Nariyasu, 13th daimyo of the Kaga Clan, as a retirement home for his mother Shinryu-in.


Part of one of the works of the exhibition "Leandro Erlich −The Ordinary?" at 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa. Thie work uses a large half-transparent mirror, and a visitor sitting in front of the mirror is seen as though she is playing one of music instruments beyond the mirror.


The main gate of Oyama Shrine, a Shinto shrine in Kanazawa.


Samurai mansions preserved in Nagamachi Street, Kanazawa.

2014年7月29日

M・Y 君

 暑中お見舞い申し上げます。

 わが家では、さる 14、15 日に金沢へ墓参に行ってきました。梅雨明け前でしたが好天に恵まれ、長女も同伴したので、ついでに金沢市内の見物もしました。見物先は以下の通りです。

  • 前田家 12 代奥方の御殿として江戸時代末期に造営された成巽閣(せいそんかく):1 枚目の写真。
  • 金沢 21 世紀美術館:同館常設の作品『スイミング・プール』の作者、レアンドロ・エルリッヒによる『ありきたりの?』展が開催中(撮影可の展示)。鏡や半透明鏡面を利用した、不思議を感じさせる大型造形作品が各小部屋、大部屋を占めていました。半透明の鏡面を使った部屋は、鏡の向こう側にピアノ、バイオリン、チェロ、コントラバスが配置されれていて、こちら側には演奏者用の椅子があり、そこに腰かけて演奏の手つきをすると、鏡にはあたかも演奏しているような姿が映るという仕掛け。2 枚目の写真は、長女がピアノ用の椅子に座り、笑いながら演奏しているふりをしている鏡像。光の加減もあって、上半身はおぼろげにしか写りませんでした。
  • 前田利家を祀る尾山神社:3 枚目の写真はその山門。
  • 長町武家屋敷跡:4 枚目の写真。

 私の肩はほとんど痛まなくなってきましたので、9条のブログをやや頻繁に書いたり、長らく放置していたホームページの手直しをしたりし始めています。さる27日付けで掲載した "Ted's Coffeehouse 2" の記事の「T・K君」というのは、"Ted's Archives" に連載した高校時代の日記に、Jack のニックネームで登場する友人です。この夏は、2年あまり描かなかった水彩画にも取り組みたいと思っていますが、どうなることやら…。

 酷暑の折、くれぐれもご自愛下さい。

 T・T

0 件のコメント: