2010年3月30日火曜日

春の花々12 (Flowers of Spring 12)


 モクレン(モクレン科)。花が紫色であることから、シモクレン(紫木蓮)の別名もある。ハネズ、モクレンゲと呼ばれることもある。昔は「木蘭(もくらん)」と呼ばれていたこともあるが、これは花がランに似ていることに由来する。今日では、ランよりもハスの花に似ているとして「木蓮(もくれん)」と呼ばれるようになった。ハクモクレン(白木蓮)はモクレンの仲間で白色の花をつける [1]。
 写真は2010年3月27日、堺市・津久野南団地で。この辺りで見かける大抵のこの木は高木に育っており、花が私の背の高さより上に咲くので、写真を撮ることがむずかしい。
Magnolia liliiflora (variously known by many names, including Mulan magnolia, Purple magnolia, Red magnolia, Lily magnolia, Tulip magnolia and Woody-orchid) is a small tree native to southwest China (Sichuan, Yunnan), but cultivated for centuries elsewhere in China and also Japan. It was first introduced to English-speaking countries from cultivated Japanese origins, and is thus also sometimes called "Japanese magnolia", though it is not native to Japan [2].
The photo was taken at Tsukuno-minami Housing Development, Sakai, on March 27, 2010. Most trees of this species around here have grown to become very tall; and flowers are far above my head. Thus, it is difficult to take a suitable photo of the flowers of this species.

文献
  1. 「モクレン」, フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 [2009年9月21日 (月) 04:56].
  2. "Magnolia liliiflora," Wikipedia, the free encyclopedia (8 November 2009 at 23:08).

0 件のコメント: