2012年1月28日土曜日

「素粒子物理学に対する集団療法」("Group Therapy for Particle Physics")


【Read in English.】

 【概要 (Abstract in Japanese)】コロンビア大学の Peter Woit 氏は素粒子論分野の弦理論を批判した Not Even Wrong という著書で知られていて、同名のブログサイトで随筆も書いている。彼の最新のブログ記事の一つは「素粒子物理学に対する集団療法入門」と題するものである。彼はその記事に、「素粒子物理学に対する集団療法とは(少なくとも素粒子論物理学者に対して)優れた考えのようである」と記している。実はこれは誤植にからめた、彼らしいジョークなのだが、上記リンク先の英文で読んで貰えば分かるだろう。

0 件のコメント: