2012年1月25日水曜日

木の根っこ 3 (Roots of Trees -3-)


 「木の根っこ」写真シリーズを、きょうまで3回にわたって掲載した。それらの写真のうち、初回にあら筋を紹介した A さんの詩に添える1枚として私が選ぶのは、どれだと読者の皆さんはお考えだろうか。

 私は初回の3枚目の写真を選ぶことにした。その写真には、根の広がりはあまりないものの、どっしりとした幹の根元が写っていて、それが詩の「…/更に更にでっかいでっかいでっかい根っこに/がっちりとつながれているのさ/アメリカという——/…」とあるところの、「でっかいでっかいでっかい根っこ」の存在を思わせるからである。

 きょうの3枚目の写真は、幼い頃、アリが巣を作る働きをしているのを見ると、いたずらをしたことを思い出させる。働いているアリの数匹を別の場所へ強制移動すると、私の命令に従ったかのように、そこに新しく巣を作り始めるのが嬉しかったものだ。

A series of photos, "Roots of Trees," has been posted until today. Which one among these photos, do you think, I choose to make it accompany Ms. A's poem mentioned in the first post of the series?

I have decided to choose the third photo in the first post of the series. In spite of the lack of a broad spread of roots, that photo shows a thick stem, suggesting the presence of a huge root under the ground such as described in the following lines of that poem: ... / Then it is further connected to the big, big, big root / tightly enough / — to the root of the name US—. / ...

Today's bottom photo reminds me of my mischief to ants that were working to make their nest. I moved some of ants from the group to another place. Then, they began to create a new nest at the new place. It was as if they had followed my direction. So, I was glad to see their work.

0 件のコメント: