2012年6月4日月曜日

オランダ、ベルギー運河の船旅 21 (Cruise on Canals in the Netherlands and Belgium -21-)

アントワープの写真の続き。今回は、市の中心広場、
グローテ・マルクトで撮ったもの。
Continuation of photos taken in Antwerp; those in
the central square of the city, Grote Markt.


ブラボーの噴水。英雄シルヴィウス・ブラボーが巨人アンティゴヌスの片手を切って、
スヘルデ川へ投げている。ジェフ・ランボーの作(1887年)。
背景に見えるのは市庁舎(次の写真にその全景)。
The Brabo fountain. The hero Silvius Brabo throws the severed hand of the giant Antigoon into the river Scheldt. Sculpture by Jef Lambeaux (in 1887). In the background,
Stadhuis is seen (the full view of it is given in the next photo).


アントワープの市庁舎。典型的な北ヨーロッパのルネッサンス建築。完成からわずか10年後、スペイン軍による攻撃で1576年に一旦焼失し、3年後に再建された。
Antwerp City Hall (Stadhuis), a typical Northern Renaissance building. Only 10 years after completion, it was burned to the ground in 1576 during the Spanish Fury
but was rebuilt three years later.


アントワープ市内のトローリーバス。
Trolley bus in Antwerp.


市庁舎とともに、グローテ・マルクトに面して立つギルドハウス。
16世紀に存在したものの復元。
Together with the City Hall, these guild houses stand facing the Grote Markt.
These are replicas of what used to be here in the 16th century.

(つづく) (To be continued)

2 件のコメント:

みどか さんのコメント...

建築物、益々好きになってきました♡
私は建築系の学科ではないのですが、こんな姿を見ると、学びたくなっちゃうんですよね...

Ted さんのコメント...

みどかさん、いまからでも学んではいかが。