2012年6月22日金曜日

オランダ、ベルギー運河の船旅 28 (Cruise on Canals in the Netherlands and Belgium -28-)

 セレナーデ II 号は、4月20日の17:30 にアントワープを出港し、22:30 にドルドレヒトに入港する予定だった。しかし、出港時に船底付近が何かにぶつかり、部品取り替えを必要とする小さな事故が生じた。そのため、航行予定は大幅に遅れ、4月21日の朝、目が覚めると船はまだ運行中だった。それでも、9:30 頃にはドルドレヒトに到着し、観光計画に大きな狂いは生じなかった。

Our ship, Serenade II, was scheduled to set sail from Antwerp at 17:30 of April 20 and to arrive at the Dordrecht port at 22:30. However, a minor accident occurred; it was that, at the time of departure, a certain part of the ship near the bottom bumped into something. Thus, they needed to replace the part, and the sailing was made considerably behind the schedule. When we woke up in the morning of April 21, the ship was still under sail. At last around 9:30, we arrived at the Dordrecht port, and no significant change in the sightseeing plan was required.


8:30 頃、まだ走行中の船の部屋から。空には、雲間から日光が漏れ出る薄明光線(レンブラント光線、天使のはしご、ともいう)が見える。
Taken from the cabin of the ship still under sail around 8:30. In the sky, crepuscular rays (also called Rembrandt rays or angel's ladder), i.e., the light beams leaking from gaps among clouds, are visible.


先の写真から約15分後。この日の天気予報は、くもり時々雨、最高気温 13˚C、
最低気温 5˚C。
Taken after about 15 minutes of the previous photo. Weather forecast that day was "cloudy with intermittent rain; the high, 13˚C; the low, 5˚C."


9:00 頃、沿岸に家々が見え始める。
Around 9:00, houses began to be seen on the coast.


9:30 頃、ドルドレヒトに到着し、ほっとする。
Around 9:30, we arrived at the Dordrecht port, to be relieved.

(つづく) (To be continued)

4 件のコメント:

midoka さんのコメント...

何だか、アルバムを見るだけで、ジーンと来ちゃいます...

勿論、日本の文化も大好きですが、Tedさんの日記を読むと、ヨーロッパを見習わなければならない点が沢山あると感じさせられます(^_^)/

個人的には、天から差し込む光が、なんとも幻想的で好きです♪

Ted さんのコメント...

「天使のはしご」は、堺のこの辺りでも、冬期にウォーキングしている折などに、よく見られます。

Machiko さんのコメント...

20日の出港時の事故は、この時期にしては水面が高く水の流れも速く、船が岸辺に流されてしまって左岸の突き出たブロックの突堤にぶつかった為でした。左側に停泊していた船の乗客や乗組員の人達に手を振ってお別れをしていて、ちょうど目撃してしまいました。川や運河の船旅は三度目ですが、初めてです!

Ted さんのコメント...

Machiko さん、コメントありがとうございます。事故の詳細を知らなかったので、私の旅行記では漠然とした表現になりましたが、お陰で状況がよく分かりました。