2011年3月20日日曜日

超「近地点月」(Super "Perigee Moon")


 日本時間で2011年3月20日午前3時10分の満月は、超「近地点月」(地球に最も近づいた月)で、1993年以来の大接近とのことである。また、近地点での月は、遠地点での月と比べれば、14%大きく見え、30%明るいという [1]。宙に浮かぶ月を見ても、比較の対象がなく、普通の満月と区別はつかないが、ともかく、写真を撮ってみた。満月より少し早い19日午後9時54分の撮影である。私のコンパクト・デジタル・カメラでは、月をうまく捉えられないことは分かっているが…。写真の下部に見えるのは隣家の屋根。

The full Moon at 3:10 AM on March 20, 2011 (Japan time) was a super "perigee moon (Moon of the closest approach to Earth)." The last full Moon so large and close to Earth occurred in March of 1993, and perigee moons are about 14% bigger and 30% brighter than lesser moons that occur on the apogee side of the Moon's orbit [1]. Seeing the Moon overhead without reference things to provide a scale, we cannot tell the difference of its size from the usual one. Anyway, I took a photo at 9:54 PM on March 19, a little earlier than the full Moon, though my compact digital camera cannot get a clear shot of moons. What is seen at the bottom of the above photo is a neighbor's roof.


  1. "Super Full Moon", Science News, NASA Science (March 16, 2011).

0 件のコメント: