2012年5月9日水曜日

オランダ、ベルギー運河の船旅 8 (Cruise on Canals in the Netherlands and Belgium -8-)



『スケートをする人々のいる冬景色』(1608頃) ヘンドリック・アーフェルカンプ
Hendrik Avercamp's Winter Landscape with Iceskaters (ca. 1608)




『青い服の娘』(1641) ヨハネス・コルネリス・フェルスプロンク
Johannes Cornelisz Verspronck's Girl in Blue (1641)




『牛乳を注ぐ女』(1658–16601) ヨハネス・フェルメール
Johannes Vermeer's The Milkmaid (1658–16601)




『夜警』(1642) レンブラント・ファン・レイン
Rembrandt Harmenszoon van Rijn's The Night Watch (1642)


 4月17日午前の予定は「アムステルダム市内観光」。港からバスに乗り、現地ガイドさん(若い日本人男性)の市内説明を聞きながら、アムステルダム中央駅その他をあっという間に通りすぎ、アムステルダム国立美術館へ到着。美術館本館は2013年まで改装中であり、別館のみでの鑑賞だったが、上掲の絵などを大いに楽しんだ。(館内でのフラッシュを使わない撮影は自由。原画はいずれも著作権期限切れなので、これらのすばらしい絵を拙いブログ記事にありがたく飾ることが出来る。)

Our schedule for the morning of April 17 was sightseeing in the city of Amsterdam. We took a bus from the harbor. While listening to the description of the city given by a local tour guide (a young Japanese man), we passed by Amsterdam Centraal railway station and arrived quickly to the Rijksmuseum. The main building of the museum is under renovation until 2013, so that we were able to appreciate artworks gathered in the annex only. However, we thoroughly enjoyed such works as shown above. (Taking photos without flashing is allowed in the museum. The copyrights of the original works of the above images have expired. Thus, it is free to use the images of those wonderful works in my poor blog post.)

 

 アムステルダム国立美術館前の広場には、大きな "I amsterdam" の文字(高さ2m強、幅23.5m強)があり、市のシンボル、そしてまた、観光客の絶好の撮影スポットともなっている(上の写真。幅が広過ぎて、終わりの am の文字が入らなかった)。引き続いて、美術館近くのコスター・ダイヤモンド(カット技術を誇るダイヤモンドの老舗)の工房を見学したが、写真は撮っていない。

The large letters of I amsterdam at the Museumplein, in front of the Rijksmuseum, are more than 2 m tall, and 23.5 m wide in total, having become the symbol of the city as well as a favourite for visitors to be photographed with (in my photo above, they were too wide to include the last letters of am.) Next, we visited Coster Diamonds (one of the oldest still operating diamond polishing factories in Amsterdam) located near the Rijksmuseum in order to look at techniques displayed in its workshops, but I did not take any photo there.


 帰途のバスの中で、現地ガイドさんから、市内の運河で水上生活をする人々が運河の水を汚染させていることが問題になっている、との話があった。上の写真は、そのような水上住居の見える風景をバスの窓から撮影したもの。(つづく)

On the way back in the bus, the local tour guide told us that the people living in houses on canals were polluting canal water and that this was becoming a serious problem. The photo above, taken from the bus window, shows a view of the city including such houses on a canal. (To be continued)

2 件のコメント:

みどか さんのコメント...

幼少の頃から絵を描くのが趣味なので、ゆっくりと美術館で絵を見る勉強もやりたくなりました♫

Ted さんのコメント...

みどかさん
 コメント、ありがとうございます。私も子どもの頃から絵を描くことが好きで、今度の旅でも簡単なスケッチを10枚余り描きました。