2013年11月6日水曜日

ドナウ川クルーズ 1 (Cruise on the Danube -1-)



旅の予定経路(ニッコウトラベル社のパンフレットから引用)。ブダペストからパッサウまでのクルーズ予定が、本文中記す通りの理由で、ブダペストのホテルで 2 泊、
クルーズ出発はブラチスラバからと変更になった。
Route of our travel (taken from the brochure of Nikko Travel Co. Ltd.). For the reason as mentioned in the text, the original plan of the cruise from Budapest (the rightmost open circle) to Passau (the leftmost open circle) was changed to the schedule of starting from Bratislava after a two-night
stay at a hotel in Budapest. The names of the places written between Budapest and Passau
in the above map are, from right to left, Esztergom, Bratislava, Vienna, Dürnstein,
Melk and Linz. The sold circle at the left represents Munich.

 2013 年 10 月 18 日から 28 日まで、妻と私はニッコウトラベル社催行の「世界遺産バッハウ渓谷を満喫:美しく青きドナウの船旅」に参加した。同社が建造しオランダ船籍となっているセレナーデ II 号を利用する旅で、私たちは先に同じ船によるライン・マイン両川とオランダ・ベルギーの運河の旅を体験している(その旅行記はこちらこちら)。

 当初の計画では、航空機でブダペストへ到着後、すぐにセレナーデ II 号に乗り込むことになっていた。ところが、スロバキアの首都ブラチスラバから東へ約 50 km の街カブチコボの水門修復工事のため、船舶がその水門を通過することが出来なくなり、最初の船中2泊分がブダペストのインターコンチネンタル・ホテルでの宿泊に、そして、セレナーデ II 号への乗船は 20 日夕刻、ブラチスラバにおいてと、急きょ変更された。しかし、19 日のブダペスト観光の予定には影響はなく、20 日のヴィシェグラードとエステルゴム観光の出発点がそれぞれの港だったのが、ブダペストからのバスで続けて行くことに変っただけで、観光内容には全く変更がなかった。

 同じクルーズに、関西空港から出発した私たち 11 名の他に、成田空港からの 30 名、そして、4 日早く両空港を出発して、スロヴェニアとクロアチアの観光を余分にしたあと合流した 28 名の、合計 69 名が参加した。

 次回の記事から、スケッチや写真を使っての旅行記を書く予定である。


From October 18 to 28, 2013, My wife and I joined the travel "Enjoying Wachau, One of World Heritage Sites, and Cruise on the Danube" sponsored by Nikko Travel Co. Ltd. For this cruise, the Serenade II, built by this company and having the ship's flag of the Netherlands, was used. We had experience of cruises by this ship on the Rhine and Main as well as on canals in the Netherlands and Belgium (for the records of those cruises, see here and here).

It was originally planned to board the Serenade II immediately after arriving at Budapest by airplane. However, it happened that ships were unable to pass through the lock gate of Gabčikovo, about 50 km east to the capital Bratislava of Slovakia, because of its reconstruction work. Thus, the earliest part of the plan was hastily changed to a two-night stay at the Intercontinental Hotel in Budapest and boarding the ship at Bratislava port in the evening of October 20. In spite of these changes, plans of sightseeing in Budapest, Visegrád and Esztergom was not affected at all.

The total number of passengers in this cruise was 69, consisting of 11 members of our group from Kansai Airport, 30 members from Narita Airport and 28 people who had started four days earlier than us to have extra tourism in Croatia and Slovenia.

I will write a series of travelogues with sketches and photos from the next post.

0 件のコメント: