2012年10月22日月曜日

映画『チャイナ・シンドローム』の社会性 (Social Nature of the Film The China Syndrome)


『チャイナ・シンドローム』の DVD(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、2009;
イメージはアマゾンのウェブページから)。
DVD of the film The China Syndrome (Sony Pictures Entertainment, 2009;
the image has been taken from an amazon.co.jp Web page).

 さる10月16日、NHK BS プレミアムで放映された 1979 年のアメリカ映画『チャイナ・シンドローム』(ジェームズ・ブリッジス監督)を見た。福島第一原子力発電所の事故で、「チャイナ・シンドローム」という言葉を知る人は多くなったと思うが、炉心溶融という重大な原発事故を意味する。この事故がアメリカで発生すると、融けた原子炉燃料が地面を貫き、地球の中心を通り越して反対側の中国(地理上はアメリカの裏側は中国ではないが)まで突き抜けるというジョーク的な発想からこの名がある。

 ——人気キャスターのキンバリー・ウエルズ(ジェーン・フォンダ)は、原子力発電所の取材中、原子炉事故を目撃する。同行したカメラマン、リチャード・アダムス(マイケル・ダグラス)は、そのときの原子炉制御室の混乱ぶりの隠し撮りに成功し、二人は特ダネとして放送しようとする。しかし、彼らの計画は上から止められる。原子力規制委員会は、調査の結果、原発には問題なしと判断する。他方、原発の操作主任ジャック・ゴデル(ジャック・レモン)は、検査報告書がねつ造されていたことを見つける。ゴデルは、…——という筋の映画で、サスペンスものとされているが、この映画が公開された 1979 年 3 月 16 日からわずか 12 日後の 3 月 28 日に、ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で、映画が予測したかのように、本当の原子力事故が起きた。原発の危険を訴えた社会派の映画と見ることがよりふさわしいのではないか。

 原発事故取材に対するテレビ局上層部からの放映阻止、原子力規制委員会の不十分な調査、炉操作主任の事故原因把握に対する発電所上層部からの隠匿工作、などなど、これらはまさに日本の原子力村の体質をえぐり出している。また、原子炉増設に対する住民の反対集会の中で、原子力発電が使用済み核燃料の処分対策の出来ていない不完全な技術であることが指摘される場面も描かれている。そして、この映画の公開から 32 年マイナス 5 日後に福島第一原子力発電所の事故が発生した。ゴデル役のジャック・レモンがカンヌ映画祭男優賞を受賞しているが、アカデミー各賞はノミネーションにとどまった。この映画に賞を出すことについて、アメリカの原子力業界に対する遠慮があったのではないだろうか。

 なお、原発に関わる問題を扱った映画には、1983 年のアメリカ映画『シルクウッド』(マイク・ニコルズ監督、メリル・ストリープ主演)もある。これは、アメリカの労働組合活動家カレン・シルクウッドが、原子力関連企業のカー・マギー社の核燃料製造プラントで行われていた安全規則違反と不正行為をめぐるスキャンダルの中、自動車事故で謎の死をとげた「シルクウッド事件」を取り上げたものである。こちらはアカデミー 5 賞を獲得している。

I watched the 1979 American film The China Syndrome (directed by James Bridges) aired on the NHK BS premium channel on October 16. Many Japanese people probably became familiar with the term "China Syndrome" because of the accident at Fukushima Daiichi nuclear power plant. The term means a serious nuclear accident of core meltdown. This name comes from the fanciful idea that, if such an accident would occur in the United States, reactor fuel that melted would penetrate through the center of the earth and go to China (though the true antipode of the United States is not China).

The plot of the film goes like this: During the interview at a nuclear power plant, the popular caster Kimberly Wells (Jane Fonda) witnesses the reactor accident. The photographer Richard Adams (Michael Douglas), who accompanied her, surreptitiously films the chaotic scene of the reactor control room. The two try to broadcast what they saw and filmed as a scoop. However, their plan is turned off from the top of the TV station. The Nuclear Regulatory Committee issues the result of the investigation that there is no problem about the reactor. On the other hand, Shift Supervisor Jack Godell (Jack Lemmon) uncovers the evidence that the inspection reports were falsified. Godel then … — The film is mentioned to be a thriller. However, the Three Mile Island nuclear accident actually happened in Pennsylvania on March 28, 1979, just 12 days after this film had been released, as if the film had predicted it. Isn't it more appropriate to regard this film as the one that asked the social problem of the danger of nuclear power plants?

Blocking of a nuclear accident report by the superior persons of the television station, inadequate investigation of the Nuclear Regulatory Commission, the electric company president's move to conceal the cause of the accident uncovered by the Shift Supervisor, etc; these are quite similar to the very characteristics of Japan's nuclear village. In addition, there are scenes of meetings against building another reactor, in one of which it is pointed out that nuclear reactor technology is imperfect because of the lack of measure for disposing spent nuclear fuel. Then, the accidents of Fukushima Daiichi nuclear power plant occurred after 32 years minus five days from the release of this film. Although Jack Lemmon won the Best Actor Award at the Cannes Film Festival for his performance as Godell, nominations only were made as for Academy awards. There might have been a refrain from issuing the award about this film by considering adverse effects on the nuclear industry in the United States.

By the way, there is another film that also dealt with an issue related to nuclear power plants, i.e., the 1983 American film Silkwood (directed by Mike Nichols, the leading actress, Meryl Streep). This film features life of Karen Silkwood, who was a labor union activist, raised concerns about corporate practices related to health and safety of workers in the nuclear facility Kerr-McGee Cimarron Fuel Fabrication Site plant and died in a car accident under mysterious circumstances. This film won five Academy Awards.

0 件のコメント: