2009年6月4日木曜日

「日本:今すぐ高い削減目標を!」

 私がメール配信の登録をしている Avaaz.org から、きょう6月4日、"Japan on the tipping point?" と題するメール(英文)が届いた。同趣旨の文は Avaaz.org のウェブサイト [1] で和文でも読めるので、それをここに紹介する。なお、Avaaz とは、ヒンディー語、ウルドゥー語、ファルシー語、ボスニア語、トルコ語、ネパール語、ダリー語を含む多くの言語で「声」または「歌」を意味するという。Avaaz.org の団体概要は [2] で見ることができる。

   日本:今すぐ高い削減目標を!
 麻生首相は、来週にも2020年の日本の温室効果ガス削減目標を定めます。気候変動の悲劇を避けるためには、科学は最低限 −25% という目標が必要と示しましたが、この削減目標についての議論が内閣で巻き起こっています。
 昨日、日経新聞に Avaaz は全面広告を掲載しました 。日本の63%の有権者は25%かそれ以上の削減目標を望んでいるという世論調査の結果を示したものです。斉藤環境大臣はこの広告を支援した全ての市民に心から感謝をし、メッセージを内閣に提示すると約束してくれました。
 ここでさらに、気候変動問題における責任ある国際的リーダーシップについて、日本国民がいかに強い思いを抱いているかを、急いで麻生総理に世論調査以上に伝えなければなりません。麻生首相が最終決定を下すまで、あと数日しかありません。もしそれまでに10万人の署名を集めることができたら、斉藤大臣は会合でより力強いメッセージを報告できることとなります。下記をクリックして、緊急署名にご協力ください。パートナー団体から協力を得て、Avaaz は政策決定者に届けます。
  https://secure.avaaz.org/jp/japan_on_the_edge/


 私は、日本の政府が財界のわがままな要求を入れて低い削減目標を決めたのでは世界に恥をかくと思い、早速署名した。この文を読まれた皆さんも、ぜひ署名にご協力下さい。

  1. Avaaz.org.
  2. Avaaz.org 団体概要.

0 件のコメント: