2009年7月18日土曜日

高岡と氷見へ 3 (Visit to Takaoka and Himi 3)

氷見祇園祭りの夜景。写っている山車は「提灯山」と呼ばれるもの。


前方に「提灯山」。手前に「太鼓台」


 13日午後9時頃にS子さんと私たち夫妻は、またまたY君の車の世話になり、氷見の「中の橋」付近で下車。氷見祇園祭りの豪華な曳山(ひきやま)が見えないかと、町を歩いたが、提灯山という山車を一台見かけただけだった。S子さん宅へ戻ると、先に車で到着していたY君が、裏通りに提灯山や太鼓台という山車が多く出ていたというので、夜道を再び歩いた。上の写真はそのときに撮ったものである。

 曳山が盛大に巡行するのは、本祭りにあたる翌14日だそうだ。その模様を伝える記事が中日新聞のオンラインサイトに掲載されていた [1]。なお、氷見祇園祭りの詳しい紹介は、[2] において動画つきで見ることが出来る。それによれば、祭り初日の夜、提灯山としてそれぞれの町内を練り回ったいくつかの曳山は、祭り二日目には花笠曳山となって回るという。また、太鼓台は「中の橋」に来ると「イヤサーイヤサー」のかけ声とともに大きく揺らされたり、他の太鼓台とぶつけあいをしたりするとのことである。

 高岡駅南側のホテルへY君に送り届けて貰ったのは、午後10時過ぎだった。Y君とS子さんにずいぶん世話になって楽しんだ一日だった。

(完)

  1. 方向転換に歓声 氷見 祇園祭り本祭り中日新聞 (2009年7月15日).
  2. 氷見祇園祭, ウエブサイト 我楽多家.

0 件のコメント: