2009年8月3日月曜日

チョウセンアサガオ (Metel)

 チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔): 学名 Datura metel、ナス科の植物。 園芸用にはダチュラの名で広く流通しているほか、マンダラゲ(曼陀羅華)、キチガイナスビの異名もある。 原産地は南アジア。日本へは、江戸時代・明治時代に薬用植物としてもたらされたとされる。一年草。 草丈は 1 m ほどで茎はよく枝分かれする。大型で卵型の葉を持ち、夏に 10~15 cm ほどの、ろうと状の白い花が咲く。外来種として帰化・野生化したものが見られる。(以上、 [1] による)。花言葉は「愛敬」「偽りの魅力」「変装」[2]。写真は2009年7月31日、ウォーキング途中で撮影。

文献

  1. チョウセンアサガオ, ウィキペディア日本語版 [2009年7月21日 (火) 15:55].
  2. チョウセンアサガオ, 花言葉・Floword.

0 件のコメント: