2009年8月23日日曜日

エゾツツジ (Kamtchatka Rhododendron)

 エゾツツジ(蝦夷躑躅): 学名 Therorhodion camtschaticum 、エゾツツジ属またはツツジ属の落葉低木。ツツジ属に分類される場合は、Rhododendron camtschaticum の学名となる。アジア北東部とアラスカ、日本では本州北部(早池峰山・岩手山・秋田駒ヶ岳)と北海道の高山に分布する。高山の過酷な環境のため、高さ 10〜30 cm 程度にしかならないが、れっきとした樹木である。葉は 3 cm 前後で、縁に繊毛がある。7、8月頃、枝先に直径 3〜4 cm の紅紫色の花を1〜3個咲かせる。花冠は5裂し、上弁には暗褐色の斑点がある。花柄にも、細かい毛がある [1] 。花言葉は「摂生」「愛の喜び」「情熱」[2]。写真は2009年8月7日、妻が幌尻岳北カール付近で撮影。

文献

  1. エゾツツジ, ウィキペディア日本語版 [2009年7月1日 (水) 09:47].
  2. 上川町の花と木, 北海道の花と木.

0 件のコメント: