2009年8月22日土曜日

エゾノハクサンイチゲ (White Anemone)

 エゾノハクサンイチゲ(蝦夷白山一華): 学名 Anemone narcissiflora var. sachalinensis、キンポウゲ科。花期は6月から8月上旬。草丈 15~40 cm 程度。和名は北海道産のハクサンイチゲの意で、「ハクサン」は石川県の白山に因む。高山の草地に生える多年草。花は散形状に2~6個つく。白色の花弁のように見えるのは萼片で、5~6枚ある([1] から抜粋)。写真は2009年8月7日、妻が幌尻岳北カール付近で撮影。

文献

  1. エゾノハクサンイチゲ, 花ママと花パパの野の花・山の花 北海道.

0 件のコメント: